【終了しました】全身の関節疾患の治療法を学ぶためのセミナーシリーズ<骨盤編>札幌会場

微細な骨盤運動を正確に評価し、治療につなげていくコンセプト、技術を紹介します。
寛骨のマルアライメント、尾骨のマルアライメント、骨盤内外を包括的に評価・治療する方法を提示します。
様々なメカニズムで起こりうる仙腸関節の痛みも、治療において目指すアライメントは1つであり、誰もが治せる治療方法を習得していただきます。

  • Line
  • Hatena
全身の関節疾患の治療法を学ぶためのセミナーシリーズ<骨盤編>札幌会場

開催情報

主催
株式会社GLAB(主催者の詳細情報を見る)
日時
2019年01月13日

9:30-15:45
定員
40人

受講料
12960円/1人

1月13日(日)骨盤編と1月14日(月・祝)股関節・鼠径部編の2回セット受講割引21,600円(税込)も受付中!

会場

札幌市教育文化会館 研修室301

住所
札幌市中央区北1条西13丁目

申込方法

https://realine.info/schedule
よりお申込みください。

こんなことを教えます

このセミナーは関節疾患の治療に携わるすべてのセラピスト、職種を対象とする、全身の関節疾患の治療法を学ぶためのセミナーシリーズ「CSPT2018 クリニカルスポーツ理学療法セミナー」の骨盤編のご紹介です。

CSPT骨盤編では、仙腸関節痛を引き起こすメカニズムに、PSIS(上後腸骨棘)間の開大によるストレスが原因となるとして、その評価、治療を紹介します。PSIS間が開大する原因として、
①寛骨内旋(ASIS(上前腸骨棘)間の接近)
②寛骨下方回旋(腸骨稜の開大)
③寛骨前・後傾
の3つがあり、これらが複数同時にみられることもあります。それぞれを引き起こす軟部組織の滑走不全は触診によって特定でき、その滑走性の改善によってPSIS間を接近させて仙腸関節の安定性を向上させることができます。

微細な骨盤運動を正確に評価し、治療につなげていくコンセプト、技術を学びませんか。骨盤の解剖から、仙腸関節痛の病態、評価、治療を明確に示していきます。

こんな方を対象としてます

整形外科医、理学療法士、作業療法士、柔道整復師、鍼灸マッサージ師、トレーナーなど

受講料について

12960円/1人

1月13日(日)骨盤編と1月14日(月・祝)股関節・鼠径部編の2回セット受講割引21,600円(税込)も受付中!

受講する際は以下をお読み下さい

当日は動きやすい服装でお越しください。

申込方法

https://realine.info/schedule
よりお申込みください。

  • Line
  • Hatena
全身の関節疾患の治療法を学ぶためのセミナーシリーズ<骨盤編>札幌会場