【終了しました】ストレッチポールで胸郭・肩甲帯にアプローチ ソラコンセミナー他団体資格継続単位対象セミナー

スポーツ、医療、フィットネス現場で取り入れられるエクササイズ
『肩甲骨、胸郭の動きを引き出すエクササイズ』

  • Line
  • Hatena
ストレッチポールで胸郭・肩甲帯にアプローチ ソラコンセミナー他団体資格継続単位対象セミナー

開催情報

主催
一般財団法人スポーツアライアンス(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年09月30日

15:00〜16:30
定員
12人

受講料
4320円/1人
会場

オフィス エス・エル・ケイ

住所
石川県金沢市本町2丁目7番1号 (株)越田ビル3F

こんなことを教えます

『肩甲骨、胸郭の動きを引き出すエクササイズ』

バンザイをした時に耳の横に両手は届くでしょうか?
肩まわりが詰まるような感じがしたり、腰を反るようであれば要注意。
猫背姿勢(上位交差症候群)になるとバンザイ動作がやりにくくなります。

このような姿勢で腕を無理に動かすと肩を痛めたり、
動かない胸郭をかばい腰を反り、腰を痛めたりします。

スポーツの現場だけでなく高齢者の指導の現場でも起こりうることです。
このセミナーではストレッチポールを使い猫背姿勢の改善を胸郭からアプローチしていきます。

= 学べること =====================
■ ストレッチポールと胸郭の関連性
■ 胸郭の構造とリアライメントの方法
■ ソラコンの実際
=============================

※重要※
同日に
ベーシックセブン
 9:30〜12:30
ペルコン(ストレッチポールでの骨盤アプローチ)
 13:15〜14:45
ソラコン(ストレッチポールでの胸郭アプローチ)
 15:00〜16:30
も開催します。

全身を整えるベーシックセブン、骨盤に特化したペルコン、胸郭に特化のしたソラコン。
3つの内容を全て1日で学んでいただけます。
※同時受講可

合わせてご受講下さい。

【 講師 】
脇坂大陽
 一般財団法人スポーツアライアンス代表理事
 JCCA MT・A級講師
 GAP総代表 

大学卒業後、コアコンを活用したパーソナルトレーニングスタジオを運営。姿勢を改善し、ボディラインを美しくすると全国からクライアントが訪れる。また運動による身体改善が評判となり6ヶ月で月間個人売上が75万円を突破。
現在、大学にて講師として学生トレーナーを養成すると共に全国各地で講演、セミナーを実施。また2020年に向けアスリートのフィジカルトレーニングに従事しながらも、東南アジアにて海外アスリートにコンディショニングを広めるべく活動中。

□■□ 他団体資格継続単位対象セミナー □■□
 健康運動指導士・実践指導者/JAFAの資格をお持ちの方は、
 資格更新単位が付与されます。

 ◆健康運動指導士・実践指導者
 ・講義 0.5、実習 1.0

 ◆JAFA
 ・1.5(GFI:ADBI,REBI,SEBI,AQWBI,AQDBI,WEBI)

 ✅更新単位を希望の方は、事前にJCCA事務局まで
  下記の4点をメールにてお知らせください。
   ①お名前 ②登録団体名・登録番号 ③保有資格種類
   ④セミナー受講日、講師名、セミナー名
  
  セミナー終了後に、ご自宅へ受講証明書を郵送いたします。
 
 ※注意※
 ✅同一内容の講習を複数回受講した場合、
  2回目以降は単位が認定されないことをご周知ください。

こんな方を対象としてます

スポーツ、医療、フィットネス現場で活動されている方

受講料について

4320円/1人

受講する際は以下をお読み下さい

当日は動きやすい服装をご持参ください。講師スペースがございます。

  • Line
  • Hatena
ストレッチポールで胸郭・肩甲帯にアプローチ ソラコンセミナー他団体資格継続単位対象セミナー