【終了しました】変形性股関節症の運動療法と人工股関節置換術後のアプローチの考え方~名古屋会場~

術後に生じる運動機能の混乱を、機能的合理的性に基づいた適応状態に収束させるための基本戦略について学ぶ!

  • Line
  • Hatena
変形性股関節症の運動療法と人工股関節置換術後のアプローチの考え方~名古屋会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2019年02月11日

2019年2月11日(月・祝) 

10:00~16:00(受付9:30 ~)
定員
60人

受講料
12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

名古屋国際会議場 2号館3階 会議室234

住所
愛知県名古屋市熱田区熱田西町1-1

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

【講師】
石井 慎一郎 先生
国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科 福祉支援工学分野 教授・理学療法士

【ねらい】
・人工股関節のメカニズムを理解する。
・人工股関節置換術後の動作特性について理解する
・術後に生じる運動機能の混乱を、機能的合理的性に基づいた適応状態に収束させるための基本戦略について学ぶ。

【講義概要】
股関節は重心制御において非常に重要な役割を果たしており、機能不全に陥ると体幹が代償的な可動性が求められることとなり、ひいては身体運動の協調性が損なわれることに繋がる。

そこで本セミナーでは、股関節における人工関節のメカニズムと、術後生じる運動特性から股関節の正しい回転軸の形成や、腰椎-骨盤-股関節の協調運動、荷重など、協調運動を再獲得するためにセラピストが介入すべき事項を、具体的なアプローチを交えて説明したい。

【プログラム】
・人工股関節置換術後患者の動作特性
・人工股関節の機能とメカニズム
・人工股関節置換術後患者の関節可動域訓練の在り方
・人工股関節置換術後患者に対する腰椎-骨盤-股関節複合体に対するアプローチ
・人股膝関節置換術後患者に対する下肢荷重機能を改善するためのアプローチ
・人工股関節置換術後患者に対する起立、歩行練習の実際

※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

【本セミナーについて】
◯弊社が以前に開催いたしました
 『 膝関節・股関節の人工関節置換術後の運動療法の考え方 』と
 『 変形性股関節症と変形性膝関節症の運動療法 』を統合したセミナーとなります。
 つきましては、上記いずれかのセミナーにご参加された方は
 『再受講割引制度』でのお申込が可能です。

◯進行状況により、参加者の実技を含む場合がございますので
 スカートやヒールなどの動きにくい服装はお控えください。

こんな方を対象としてます

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・その他医療職

受講料について

12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
変形性股関節症の運動療法と人工股関節置換術後のアプローチの考え方~名古屋会場~