【終了しました】全身の関節疾患の治療法を学ぶためのセミナーシリーズ<足関節編>大阪会場

多くのスポーツ選手が悩まされる足関節ねんざ。
背屈位での不安定性を呈するマルアライメントの理解とともに、その原因に細かく迫っていきます。
アキレス腱だけではない、その治療の深さに触れていただきます。

  • Line
  • Hatena
全身の関節疾患の治療法を学ぶためのセミナーシリーズ<足関節編>大阪会場

開催情報

主催
株式会社GLAB(主催者の詳細情報を見る)
日時
2019年01月19日

9:30-16:30
定員
200人

受講料
12960円/1人

セット割引有!

会場

新大阪ブリックビル貸会議室 A+B+Cルーム

住所
大阪市淀川区宮原1丁目6番1 新大阪ブリックビル3階

申込方法

https://realine.info/schedule
よりお申込みください。

こんなことを教えます

このセミナーは関節疾患の治療に携わるすべてのセラピスト、職種を対象とする、全身の関節疾患の治療法を学ぶためのセミナーシリーズ「CSPT2018 クリニカルスポーツ理学療法セミナー」のご紹介です。

全10回となっており、部位別に理想的な関節運動を取り戻すための治療の考え方(設計図)とそれを実現するための治療法(技術)を習得できます。スポーツ外傷・傷害に対するリハビリテーションを中心に、全身の関節のマルアライメントの修正・改善を確実に進める方法を講習いたします。約70%の時間を実技に割き、次の日の臨床に生かすことのできる内容となっております。

足関節不安定性の改善は、保存療法では難しい病態が多く見られます。
クリニカルスポーツ理学療法(CSPT)の「足関節編」では、この足関節不安定性に対して、適切な評価のもと、ISR®を用いた治療にて、骨性不安定性を解消し、安定した足関節を再獲得させる知識・技術を習得できる内容となっております。
スポーツ現場における捻挫を減らすため、ぜひ受講していただきたい内容のセミナーです。

▼捻挫の再発予防のコラム公開中
https://realine.info/realine/column/anklejoint

当日の流れ

午前中にアライメント評価の実技を行い、パートナーのアライメントの特徴を把握します。その後、原因因子の治療を進めてマルアライメントを修正します。午後には、結果因子の治療、治療デモンストレーション、運動療法(リアライン・エクササイズ)を習得していただきます。

こんな方を対象としてます

整形外科医、理学療法士、作業療法士、柔道整復師、鍼灸マッサージ師、トレーナーなど

受講料について

12960円/1人

セット割引有!

受講する際は以下をお読み下さい

当日は動きやすい服装でお越しください。

申込方法

https://realine.info/schedule
よりお申込みください。

  • Line
  • Hatena
全身の関節疾患の治療法を学ぶためのセミナーシリーズ<足関節編>大阪会場