【終了しました】「脳卒中患者への下肢装具の活用」BRIDGE脳祭2日目(愛知)

先着50名は参加費半額!!ペア割もあり!

  • Line
  • Hatena
「脳卒中患者への下肢装具の活用」BRIDGE脳祭2日目(愛知)

開催情報

主催
BRIDGE(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年12月09日

10:00〜16:00(受付9:30〜)
定員
80人

受講料
6000円/1人

12/8,9両日参加一般:12960円(12000+税)
12/8,9両日参加ペア:11880円(11000+税)
12/8体幹のみ一般:7560円(7000+税)
12/8体幹のみペア:6480円(6000+税)
12/9装具のみ一般:7560円(7000+税)
12/9装具のみペア:6480円(6000+税)

会場

刈谷市中央生涯学習センター(総合文化センター内) 401会議室

住所
愛知県刈谷市若松町2-104

申込方法

お申し込みはこちらから
https://pro.form-mailer.jp/fms/2d75b7dd153833

こんなことを教えます

【セミナー概要】

1日目:12/8(土曜)

「脳卒中患者の姿勢制御の再考」をテーマに

特別講師として

大沼俊博先生(関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科)

をお招きしまして、

「体幹研究からみる脳卒中患者の姿勢制御の特徴と対応」

についてご講義・実技を行なって頂きます!!

研究とともに、現在も現場でバリバリの臨床をこなす大沼先生に研究データとともに、臨床場面につながるご講義・実技をお願いしています!!

午後には小松が

「ADLにつなげるための姿勢制御戦略の再獲得の実践(仮)」と題して、

私自身の訪問における脳卒中リハにおける座位や立位のクリニカルリーズニングを動画を通じて、提示していく予定です。

2日目:12/9(日曜)

「脳卒中患者への下肢装具の活用」

今年も東名ブレース株式会社様より長下肢・短下肢装具をお借りしてのハンズオンセミナーとなります!

作成・使用は日常的にしているけど、もっと介入でより効果的に活用できないか?

長下肢→短下肢から装具offに向けてどんなプロセスで介入を考えるべきか?

を考える機会にしたいと思います!!

詳細は追って追加していきます!!

さらにこんな時どうしたら?など実際に義肢装具士さんもご参加いただけるので、直接装具士の見解や思いを聞くことができます!!

脳祭のお申し込みは2日間でも1日だけの参加でもオッケーです!ペア割もあるので、ぜひお知り合いの方と一緒にご参加ください!

さらに!!!

今回7回目(多分)のラッキーセブンということで、

先着50名の方には参加費を半額にします!!!

【参加費】

12/8,9両日参加一般:24000+税 → 12960円(12000+税)

12/8,9両日参加ペア:22000+税 → 11880円(11000+税)

12/8体幹のみ一般:14000+税 → 7560円(7000+税)

12/8体幹のみペア:12000+税 → 6480円(6000+税)

12/9装具のみ一般:14000+税 → 7560円(7000+税)

12/9装具のみペア:12000+税 → 6480円(6000+税)

こんな方を対象としてます

PT,OT,ST,学生,その他脳卒中リハ・体幹機能・下肢装具にご興味のある方

受講料について

6000円/1人

12/8,9両日参加一般:12960円(12000+税)
12/8,9両日参加ペア:11880円(11000+税)
12/8体幹のみ一般:7560円(7000+税)
12/8体幹のみペア:6480円(6000+税)
12/9装具のみ一般:7560円(7000+税)
12/9装具のみペア:6480円(6000+税)

受講する際は以下をお読み下さい

動きやすい服装でお越しください

申込方法

お申し込みはこちらから
https://pro.form-mailer.jp/fms/2d75b7dd153833

  • Line
  • Hatena
「脳卒中患者への下肢装具の活用」BRIDGE脳祭2日目(愛知)