【終了しました】【疾患別リハビリテーションシリーズ】 運動器疾患の評価と治療 ~ 変形性膝関節症に対する評価と治療アプローチ ~

「ROM制限が改善しない」
「疼痛が強くて活動性が上がらない」
「全身から患部への繋がりがイメージできない」など
こういった問題点の原因を正確に評価し、根拠に基づいてアプローチできるレベルまで引き揚げることが当講習会の目標です。

  • Line
  • Hatena
【疾患別リハビリテーションシリーズ】 運動器疾患の評価と治療 ~ 変形性膝関節症に対する評価と治療アプローチ ~

開催情報

主催
一般社団法人セラピストフォーライフ(主催者の詳細情報を見る)
日時
2019年01月06日

10:00~16:00
定員
20人

受講料
8000円/1人

料金:(一般会員)15000円 (メルマガ会員)8000円 

※メルマガ会員は以下から登録して頂けます
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=310100

会場

会場:西宮市民会館 502会議室  http://www.nishi-bunka.or.jp/amity/access.html

住所
〒662-0918 西宮市六湛寺町10番11号

申込方法

申し込みは以下のURLより行って頂けます
http://www.therapist-for-life.com/pm/outline/display/n/p188

こんなことを教えます

【変形性関節症のリハビリテーションを成功させるポイントは3つ】

①病態の理解および全身状態に基づいた疼痛管理

②運動学・解剖学・生理学を基礎とした関節機能の評価と治療アプローチ

③患部外(全身性)の評価と治療

上記のいずれかが欠けてしまっても、変形性関節症のリハビリテーションは絶対に完結しません。

また、現場では下記のような様々な問題点が発生しています。

「ROM制限が改善しない」
「疼痛が強くて活動性が上がらない」
「全身から患部への繋がりがイメージできない」など

こういった問題点の原因を正確に評価し、根拠に基づいてアプローチできるレベルまで引き揚げることが当講習会の目標です。

講師紹介)

伊佐次(いさじ) 優一
・一般社団法人セラピストフォーライフ認定講師
・理学療法士
・保健学修士(神戸大学)
・首都大学東京大学院博士課程在学中
・一般社団法人セラピストフォーライフ認定 certificated Osteopathic Manual Therapy 
・東洋医学&リハビリテーション協会認定東洋医学インストラクター

所属学会)
・公益社団法人 日本理学療法士協会
・日本臨床スポーツ医学会

学会発表)
・「ACL患者の術後6ヶ月の恐怖心と膝機能との関連」 第27回臨床スポーツ医学会学術集会
・「膝前十字靭帯再建術後患者の術前の運動恐怖が術後3ヶ月の膝機能に与える影響」
第28回臨床スポーツ医学会学術集会
・「膝前十字靭帯再建術後患者の術後1ヶ月の伸展制限に術前の恐怖心が与える影響」第52回全国理学療法学術大会

担当講習会)
2015年 一般社団法人セラピストフォーライフ 【ナイトセミナー】 インストラクター(触察:上肢、下肢、体幹)
2017年、2018年 一般社団法人セラピストフォーライフ 【ナイトセミナー】 運動器の評価と治療 メイン講師
「腰痛・下肢症状に対する多角的評価・治療」
「変形性膝関節症・変形性股関節症に対する多角的評価・治療」
「脊柱の触診と評価・治療 頸椎・胸椎編」 
「脊柱の触診と評価・治療 腰椎・骨盤編」 など
看護医療ゼミ主催
「臨床に生かすための触診と臨床応用全身編〜骨格筋・筋膜の評価と治療介入の実際」

主な経歴)
大学卒業後、整形外科クリニックおよび整形外科病院に勤務、人工関節、ACL術後を中心に整形外科の患者を担当。現在は大学院にも在学中。患者の機能改善へ向け日々臨床業務、そして研究活動、臨床実習指導も行っている。運動器疾患に対する理学療法、徒手療法を専門としている。

セミナー情報
担当講師 : 伊佐次 優一(一般社団法人セラピストフォーライフ認定講師 理学療法士)
講義時間 : 10:00 ~16:00
セミナー料金 : (一般)12,000 円(メルマガ会員)8,000 円

※キャンセルポリシー
キャンセル料金は以下のようになっています。 
お申込みから開催8日前まで:受講料の0%
開催7日前から4日前まで:受講料の50%
開催3日前から当日:受講料の100%

講義メニュー)

①疾患概要(膝関節の解剖学・機能解剖学・運動学)

②腫脹・浮腫に対する治療
・レイヤーパルペーション・浅筋膜リリース・リンパドレナージ)

③ROM制限に対する治療
・屈曲制限に対する介入(屈曲制限の要因の紹介、膝蓋上嚢持ち上げ・Quadに対する筋膜リリース・patella mobilization)
・伸展制限に対する介入(伸展制限の要因の紹介、後面筋の筋膜リリース)

④筋力低下に対する治療
・筋出力低下の要因の紹介、上記①~③の介入、EMSの使用などの勧め

⑤特徴的な歩容とその解釈
・stiff knee 、荷重量低下症例に対する介入(立脚期・遊脚期歩容練習、荷重量低下(恐怖心を有する患者)に対する介入、歩容改善に必要であると考えられる機能について、CKC exについて)

⑥腰椎と膝関節の関連
・腰椎のアライメントと膝関節肢位の関連

⑦全身から捉えた(姿勢・歩容・運動パターンからひも解く)評価・治療
・全身評価による問題点抽出(床反力・筋膜)

⑧ホームエクササイズの例                         など

当日の流れ

【講師紹介】

伊佐次(いさじ) 優一

・一般社団法人セラピストフォーライフ認定講師
・理学療法士
・保健学修士(神戸大学)
・首都大学東京大学院博士課程在学中
・一般社団法人セラピストフォーライフ認定 certificated Osteopathic Manual Therapy 
・東洋医学&リハビリテーション協会認定東洋医学インストラクター

所属学会)
・公益社団法人 日本理学療法士協会
・日本臨床スポーツ医学会

学会発表)
・「ACL患者の術後6ヶ月の恐怖心と膝機能との関連」 第27回臨床スポーツ医学会学術集会
・「膝前十字靭帯再建術後患者の術前の運動恐怖が術後3ヶ月の膝機能に与える影響」
第28回臨床スポーツ医学会学術集会
・「膝前十字靭帯再建術後患者の術後1ヶ月の伸展制限に術前の恐怖心が与える影響」第52回全国理学療法学術大会

担当講習会)
2015年 一般社団法人セラピストフォーライフ 【ナイトセミナー】 インストラクター(触察:上肢、下肢、体幹)
2017年、2018年 一般社団法人セラピストフォーライフ 【ナイトセミナー】 運動器の評価と治療 メイン講師
「腰痛・下肢症状に対する多角的評価・治療」
「変形性膝関節症・変形性股関節症に対する多角的評価・治療」
「脊柱の触診と評価・治療 頸椎・胸椎編」 
「脊柱の触診と評価・治療 腰椎・骨盤編」 など
看護医療ゼミ主催
「臨床に生かすための触診と臨床応用全身編〜骨格筋・筋膜の評価と治療介入の実際」

主な経歴)
大学卒業後、整形外科クリニックおよび整形外科病院に勤務、人工関節、ACL術後を中心に整形外科の患者を担当。現在は大学院にも在学中。患者の機能改善へ向け日々臨床業務、そして研究活動、臨床実習指導も行っている。運動器疾患に対する理学療法、徒手療法を専門としている。

こんな方を対象としてます

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師、鍼灸師、スポーツトレーナー、学生など

受講料について

8000円/1人

料金:(一般会員)15000円 (メルマガ会員)8000円 

※メルマガ会員は以下から登録して頂けます
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=310100

受講する際は以下をお読み下さい

(持ち物と服装について)※必ずお持ちください

持ち物は筆記用具とバスタオルもしくはヨガマットです。

実技を主に行いますので動きやすい格好でお願いします。 

申込方法

申し込みは以下のURLより行って頂けます
http://www.therapist-for-life.com/pm/outline/display/n/p188

  • Line
  • Hatena
【疾患別リハビリテーションシリーズ】 運動器疾患の評価と治療 ~ 変形性膝関節症に対する評価と治療アプローチ ~