【終了しました】重症者の全介助技術〜起き上がり・座位・立位・車椅子トランスファー〜

起き上がりの全介助、座位の全介助、立位の全介助、車椅子トランスファーの全介助について学ぶ事ができます。

  • Line
  • Hatena
重症者の全介助技術〜起き上がり・座位・立位・車椅子トランスファー〜

開催情報

主催
株式会社WorkShift(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年10月08日

開始:10:30 | 終了:16:00 | 開場:10:00
定員
18人

受講料
10000円/1人
会場

在宅リハビリテーション・ケアスクール 高槻

住所
高槻市富田町1-28-6

申込方法

下記のサイトの御申込みフォームから御入りください。
https://www.workshift.info/seminar/?id=97

こんなことを教えます

療養病棟、老人保健施設、特別養護老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、ご自宅などで療養をされる重度者の方が増えており、介助技術が必要な場面が増えています。

重度者の方の介助は、いわゆる「全介助」の技術が必要となります。

「全介助」ができるか、出来ないかにより利用者のQOLは大きく変わります。

車椅子、ポータブルトイレ、浴槽、ベッド上座位への姿勢へ誘導することができなければ、利用者は寝たきり、おむつ装着、機械浴浴槽の状態になります。

全介助ができるか、できないかで利用者の生活空間は大きく制限されることになります。

セラピストは介護職や家族の方にも介助を指導する役割があります。

全介助の指導が必要とされる場面のこれから増えてきます。

そのため、全介助の技術ぜひとも習得したい技術の一つとなります。

大沼俊博先生より以下の内容についてご解説をいただきます。

内容
1)起き上がりの全介助
2)座位の全介助
3)立位の全介助
4)車椅子トランスファーの全介助

講師
大沼 俊博先生
関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科
六地蔵総合病院
理学療法士
修士(保健医療学)

こんな方を対象としてます

理学療法士
作業療法士
言語聴覚士
鍼灸師
柔道整復師
介護福祉士
その他、高齢者介護等に従事する人

受講料について

10000円/1人

申込方法

下記のサイトの御申込みフォームから御入りください。
https://www.workshift.info/seminar/?id=97

  • Line
  • Hatena
重症者の全介助技術〜起き上がり・座位・立位・車椅子トランスファー〜