【終了しました】機能解剖学からみた投球障害肘の病態解釈とそのアプローチ~大阪会場~

【実技あり!】投球障害肘について病態を整理するとともに、
的確なアプローチ技術の習得する!

  • Line
  • Hatena
機能解剖学からみた投球障害肘の病態解釈とそのアプローチ~大阪会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2019年01月27日

2019年1月27日(日)

10:00~16:00(受付9:30 ~)
定員
60人

受講料
12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

東京文具共和会館(KYOWA FORUM) 4階 BC室

住所
東京都台東区柳橋1-2-10

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

【講師】
福吉 正樹 先生
名古屋スポーツクリニック リハビリテーション科・理学療法士

【ねらい】
投球障害肘は、主に内側障害・外側障害・後方障害に大別されますが、各部がなぜ障害されるのか・・・?
どう対処するべきなのか・・・?について、それぞれの病態を整理するとともに、
的確なアプローチ技術の習得をねらいとします。

【講義概要】
投球障害肘に対するリハビリテーションとして、投球フォームの修正や股関節・体幹・肩甲帯等からの
運動連鎖を踏まえたアプローチが重要であることは広く述べられている。

しかしながら、投球動作に伴う疼痛が肘に存在する以上、そこに何らかの病態が存在するはずであり、
ここのアプローチなくして良好な治療成績は望めない。

本セミナーでは、投球障害肘の病態を機能解剖学的な観点から捉えるとともに、
触診を踏まえた上で運動療法について解説していく。

【プログラム】
1. 投球障害肘の概要

2. 内側障害
  1). 機能解剖学的病態解釈
  2). 内側障害のアプローチに必要な触診(実技)
  3). 内側障害に対するアプローチの実際(実技)

3. 外側障害(OCD)
  1). 個体要因からみたOCDの発生と病態解釈
  2). OCDのアプローチに必要な触診(実技)
  3). OCDに対するアプローチの実際(実技)

4. 後方障害(後方impingement)
  1). 機能解剖学的病態解釈
  2). 後方障害のアプローチに必要な触診(実技)
  3). 後方障害に対するアプローチの実際(実技)

※プログラムは追加・変更になる場合があります。

【必要物品】
実技あり:動き易い服装(Tシャツ、ジャージ等)

こんな方を対象としてます

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・その他

受講料について

12500円/1人

12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
機能解剖学からみた投球障害肘の病態解釈とそのアプローチ~大阪会場~