STROKE SUMMIT2019 〜脳卒中患者の歩行リハビリテーション〜

石井慎一郎先生、山本澄子先生、吉尾雅春先生、3名のスペシャリストをお呼びして脳卒中患者の歩行リハビリテーションについてお話をして頂きます。

  • Line
  • Hatena
STROKE SUMMIT2019 〜脳卒中患者の歩行リハビリテーション〜

開催情報

主催
リハテックリンクス株式会社(主催者の詳細情報を見る)
日時
2019年01月19日

(土曜日)

9:00~20:00予定(受付時間 : 8:30~)
定員
200人

受講料
10800円/1人

銀行振込/クレジット決済

会場

ザ・グランドホール

住所
東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー 3階

申込方法

お申し込みは、下記の弊社HPよりお申し込みください。

【お問い合わせ先】
Rehatech Links株式会社 
講習会事務局 大北 潤

〒171-0021
東京都豊島区西池袋4-32-14
TEL 03-5948-3665
E-mail info@rehatech-links.com

こんなことを教えます

講師:山本澄子 先生
   国際医療福祉大学大学院
   保健医療学専攻 福祉支援工学分野 教授

講師:石井慎一郎 先生
   理学療法士
   国際医療福祉大学大学院
   保健医療学専攻 福祉支援工学分野 教授

講師:吉尾雅春 先生
   理学療法士
   千里リハビリテーション病院 副院長

【講義概要】
今回、脳卒中患者の歩行について、石井慎一郎先生、山本澄子先生、吉尾雅春先生の3名のスペシャリストをお呼びしてお話を頂きます。講義はもちろん、3名の先生方で対談・討論をして頂きます。それぞれの先生のお話をお聞きしたことのある方は多いと思います。それぞれの先生方のお話をどう考え、どう繋がり、どう治療していけば良いのか。というのがこのシンポジウムで見えてくることと思います。今までにないシンポジウムです。参加者からの質疑応答も行いますので、是非ともこの機会にご参加ください。

「歩行のバイオメカニクス -片麻痺者の歩行と装具の働き―」
講師:山本澄子先生

健常歩行の立脚期は倒立振り子の動きといわれている。これは、立脚期の身体重心の動きが上方におもりがある振り子が足部を中心として回転する動きに似ているためである。振り子の動きを滑らかにするために、回転の軸である足部では、時間の経過にしたがって立脚初期の踵、中期の足関節、後期の前足部と回転中心を前方に移動させ、これらの動きは立脚期のロッカー機能とよばれている。さらに、安定した振り子の降りを作るためには、骨盤から上の身体が直立していることが重要である。

片麻痺者の歩行ではロッカー機能と上体直立の両方に問題があり、この結果、振り子の降りを作ることができず、歩行速度の低下につながっている。片麻痺者の歩行の問題点を把握して治療につなげるためには、個々の関節の動きを正常に近づけるのではなく、身体全体として振り子の降りにつながる動きを作る必要がある。

今回は3次元動作分析で得られた動画を使って、健常者の歩行と片麻痺者の歩行を解説し、さらにロッカー理論の観点から装具による歩行改善についても述べる。

「脳卒中患者の歩行障害に対するバイオメカセラピー」
講師:石井慎一郎先生

姿勢の直立化は直立二足歩行を再獲得するための基本的機能であり、「脊柱の重力方向への伸展活動(vertical extension)」「腰椎―骨盤―股関節複合体の協調制御」「下肢の抗重力伸展活動」「足関節戦略によるバランス能力」「股関節両側性活動による重心移動」の5つの機能から成り立っている。

直立二歩行は、重力方向へ姿勢を直立化することによって保障される移動様式であり,姿勢の直立化が獲得できなければ,実用的な歩行の獲得には至らないと言っても良い。そこで、直立二足歩行を再獲得する理学療法アプローチでは、最初に姿勢の直立化を可能にするための機能を獲得し、次いで歩行を制御するために必要な機能の獲得を図るという2段構えの戦略が必要となる。

本講演ではバイオメカニクスという側面と進化のプロセスという側面で、ヒトの直立二足歩行について再考し、そこで得られた知見から脳卒中患者の理学療法アプローチをどのようにしたら良いかを考察する。

「脳からみた脳卒中患者の歩行のみかた」
講師:吉尾 雅春 先生

内容
1.頭頂葉の処理結果を前頭葉へ
2.小脳系・基底核系・網様体系の障害 
3.視覚系を含む障害
4.人は直立二足動物

こんな方を対象としてます

受講料について

10800円/1人

銀行振込/クレジット決済

受講する際は以下をお読み下さい

品川駅港南口より徒歩3分

申込方法

お申し込みは、下記の弊社HPよりお申し込みください。

【お問い合わせ先】
Rehatech Links株式会社 
講習会事務局 大北 潤

〒171-0021
東京都豊島区西池袋4-32-14
TEL 03-5948-3665
E-mail info@rehatech-links.com

  • Line
  • Hatena
STROKE SUMMIT2019 〜脳卒中患者の歩行リハビリテーション〜