【終了しました】手関節疾患の介入に悩むセラピストのための評価・治療アプローチ

新人のうちに学びたい上肢機能の基礎知識とは?

  • Line
  • Hatena
手関節疾患の介入に悩むセラピストのための評価・治療アプローチ

開催情報

主催
EPoch / 株式会社Rebel Flag(主催者の詳細情報を見る)
日時
2017年01月29日

10:30-16:30
定員
50人

受講料
7560円/1人
会場

尼崎中小企業センター

住所
〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通2丁目2−6−68

申込方法

弊社申し込みフォームにてお申し込みをお願い致します。

こんなことを教えます

講師:石原 武幸 先生

EPoch 作業療法士 / メディカル整体院SpAid 院長 / 作業療法アプローチ研究会 Team, re:Quest 代表

教科書的な知識だけじゃない、臨床の中でのちょっとした治療のスパイスを学んでみませんか?

患者様の治療において、基礎的な内容を学ぶことはもちろん必要です。
しかしながら、基礎解剖や疾患の知識だけじゃなく
特徴的な症状とともに、予測される二次的障害なども合わせて学ぶ必要があります。

そのためには、普段から疾患を最前線で診ているセラピストの経験が重要になりますよね。

今回はセミナー講師として常に満員という脅威の人気を誇る石原先生に、手関節疾患に対してどのように評価し、治療に繋げるかを実技を通じてご講義いただきます。

手関節から上肢機能、そして体幹機能の安定性に至るまで、どのように評価し向上させながら、アプローチをしていくのか、そして巧緻動作やダイナミックな動きについてどのように評価、治療を進めていくのかを学びます。

概要
臨床において、手関節に起きる機能障害は多岐にわたります。それは手が人間らしく生活するために欠かせない効果器であるからです。

手関節・手指の機能障害の改善を図るためには、時期応じた適切な処置やアプローチ・治療手技が必要となってきます。

基礎解剖・運動学などが大切であることは言うまでもありませんが、それをいかにして、評価・治療に生かしていくのか、その手順とポイントを理解して介入することがとても重要となってきます。

今回は、臨床ですぐに取り入れることの出来る評価方法や、それぞれの病期や症状(可動域制限や痛み)に応じたアプローチ方法と治療手技の紹介を行います。

持ち物
・筆記用具
・動きやすい服装
・昼食

こんな方を対象としてます

医療従事者全般

受講料について

7560円/1人

申込方法

弊社申し込みフォームにてお申し込みをお願い致します。

  • Line
  • Hatena
手関節疾患の介入に悩むセラピストのための評価・治療アプローチ