【終了しました】【福島】自律神経障害の評価と介入 〜冷え、不眠の改善方法〜 - 福のしま研究会

本研修では、不眠や冷えといった症状を生理学と解剖学を通して理解していく内容となります。自律神経の問題について、臨床推論を行い、解決への導線を見えやすくするための研修となります。

  • Line
  • Hatena
【福島】自律神経障害の評価と介入 〜冷え、不眠の改善方法〜 - 福のしま研究会

開催情報

主催
福のしま研究会(主催者の詳細情報を見る)
日時
2019年03月03日

2019年3月3日(日)  

10:00 ~ 16:00
定員
30人

先着順となります。

受講料
6000円/1人
会場

郡山市民交流プラザ(ビックアイ)7階 第3会議室 郡山駅より徒歩5分

住所
福島県郡山市駅前二丁目11-1

申込方法

下記のURLよりお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7bb9e087603409

こんなことを教えます

患者さんやセラピスト自身の自律神経のトラブルに悩んでいませんか。睡眠の問題や冷え・ほてりなどの体温調節障害は、患者さんのリハビリの進み具合に強い影響を与えます。また、セラピストの自律神経の問題は、自身の体調を悪化させるだけではなく、心の余裕もなくなります。本研修では、不眠や冷えといった症状を生理学と解剖学を通して理解していく内容となります。自律神経の問題について、臨床推論(クリニカルリーズニング)を行い、解決への導線を見えやすくするための研修となります。

〜冷えと不眠の改善方法〜

<内容>
・ 自律神経を診る問診
・ 冷えと不眠の解剖、生理学的背景
・ 血流による冷えと不眠の関係性
・ 自律神経の評価・介入のポイント
・ 熟睡習慣のポイント
・ 交感神経ストレッチ
(上記の内容は変更となる可能性がありますことをご了承ください)

<講師紹介>
お子さんの早産、熱性けいれん、様々なアレルギーを経験。セラピストが何もできないことを痛感される。そのことをきっかけにアレルギー疾患において、セラピストに何が出来るのか模索し始める。薬の治療の必要性と限界を学び、セラピストがやるべきことを知る。将来的に、アレルギー科、小児科、皮膚科のクリニックにセラピストがいる社会するために活動されている。

<先生からのメッセージ>
この度は、自律神経に関する研修会にご関心をいただきありがとうございます。日本アレルギーリハビリテーション協会の及川文宏と申します。冷えや不眠、便秘や下痢など、自律神経のトラブルと考えられる症状を持っている患者さんに出会う機会が多いのではないでしょうか。
そのような状況にも関わらず、上記のような自律神経のトラブルに対して、どこをどのように評価・介入したら良いかということは分からず、悩まれることが多いのではないでしょうか。

【到達目標】 
 ・自律神経の問題を診る際の評価のポイントを知る
 ・臨床に結びつく自律神経の解剖・生理学を理解する

【参考図書】
 ・特に指定なし(手持ちの生理学・解剖学の本で構わない)
【事前課題】
 ・症例 or 自分自身がどのような自律神経の問題で困っているかを整理しておくこと。
 ・自律神経の問題に対して、セラピストとしてどのように対応しているのか確認しておくこと。

こんな方を対象としてます

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療従事者など

受講料について

6000円/1人

受講する際は以下をお読み下さい

当日は、講義のみとなります。

申込方法

下記のURLよりお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7bb9e087603409

  • Line
  • Hatena
【福島】自律神経障害の評価と介入 〜冷え、不眠の改善方法〜 - 福のしま研究会