【終了しました】【筋膜リリーステクニックセミナー・体幹編】

★他とは一線を画した筋膜リリーステクニック!★
筋膜をゆるめることで、関節可動域の向上や痛みを改善できる筋膜リリーステクニック・体幹部編です。

  • Line
  • Hatena
【筋膜リリーステクニックセミナー・体幹編】

開催情報

主催
理学療法士のためのボディーワーク研究会 hands-on(主催者の詳細情報を見る)
日時
2017年02月05日

1/22の筋膜触診セミナーと併せてお申込みの場合は割引価格にてご受講いただけます。

9:30~16:30
定員
12人

受講料
6000円/1人

1月22日の触診セミナーと併せてお申込みの方は6000円(2講座で12000円)
当セミナーのみご受講の場合は15000円

会場

お申込みいただいた方にお知らせいたします。

住所
新宿区公共施設

申込方法

下記ホームページからお申込みください。
http://shinjukuseitai.jimdo.com/

1 職種
2 経験年数 学生さんの場合は何年生か
3 当日の連絡のとれる電話番号
4 参加希望のセミナー 日程とタイトル
例.10月9日 12時30~18時 トリガーポイント&触診セミナー
これらを明記の上、お申し込みください。

こんなことを教えます

筋膜リリースの弱点である「時間が掛かる」要因を排除した手技を紹介します。
通常、筋膜は長軸にリリースし1部位で3~4分以上かかってしまいますが
当セミナーのテクニックは半分ほどの時間でリリース可能。
いままでの技術とは筋膜への働きかけ方が違います。

<筋膜の座学>
・筋膜の触りかた
・筋膜の走行とリリースの方法の関連性
・姿勢と関節痛のメカニズム

<筋膜テクニック実技> 相互練習
・大胸筋
・小胸筋
・腹直筋
・内腹斜筋 
・外腹斜筋
・腰方形筋
・前鋸筋
・広背筋

<短時間で済む筋膜リリーステクニック>
『筋膜リリーステクニック』という名称を使用しているのは、時間のかかる一般的な「筋膜リリース」とは一線を画しているからです。
<持続力の高い徒手療法効果>
筋膜に働きかける当テクニックは、変化も大きく持続性も高く感じられます。
それだけ体に変化を起こせる手技なので、評価をしっかり行って使用してください・・・・当日は筋膜評価もお伝えします。

※どのような制限がかかっているのか(筋緊張?線維化?膜の制限?関節包の制限?など)を見分けて手技を使い分ければ、徒手療法の持続力は格段に高くなります。

<関節痛を改善できる>
筋膜リリーステクニックでは癒着に着目しています。
膜の癒着で筋同士がくっつくと、本来の作用とは逆の働きをしてしまい、この作用は筋腱移行部などに伸長ストレスを与えます。これは骨と骨が当たる関節痛と勘違いされることが多く、筋膜の癒着を改善して伸長ストレスを解除してあげることで改善することが多い痛みです。
<痛みの無いセルフケア>
ストレッチポールを筋肉に当ててゴリゴリする「筋膜リリース」を指導するトレーナーがいますが、1)とにかく痛い!2)でっかいストレッチポールが必要 の理由で、セルフケアを敬遠する方は少なくありません。素手や持ち運びやすいツールで行えるセルフケア指導法もお伝えします。

意欲ある皆様の参加をお待ちしております。

講師:
佐藤 綾  理学療法士 キネシオロジスト 
黒木 卓  理学療法士 パーソナルトレーナー

こんな方を対象としてます

・持続力の高い徒手療法を使いたい方
・関節痛改善の徒手療法を学びたい方
・パーソナルトレーナー現場で通用する技術を身につけたい方
・満足度の高い手技を身につけたい方
・取り組みやすいセルフケアを学びたい方

受講料について

6000円/1人

1月22日の触診セミナーと併せてお申込みの方は6000円(2講座で12000円)
当セミナーのみご受講の場合は15000円

申込方法

下記ホームページからお申込みください。
http://shinjukuseitai.jimdo.com/

1 職種
2 経験年数 学生さんの場合は何年生か
3 当日の連絡のとれる電話番号
4 参加希望のセミナー 日程とタイトル
例.10月9日 12時30~18時 トリガーポイント&触診セミナー
これらを明記の上、お申し込みください。

  • Line
  • Hatena
【筋膜リリーステクニックセミナー・体幹編】