【終了しました】『栄養学と嚥下訓練』口腔・全身から診る嚥下機能とアプローチ方法 - リハビリ看護栄養研究会

  • Line
  • Hatena
『栄養学と嚥下訓練』口腔・全身から診る嚥下機能とアプローチ方法 - リハビリ看護栄養研究会

開催情報

主催
リハビリ看護栄養研究会(主催者の詳細情報を見る)
日時
2016年03月06日

定員

20名

受講料

10000円(平成28年度会員:7千円)

会場

クレオ大阪中央
http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/access.html 

申込方法

HPよりお申し込みください

こんなことを教えます

『栄養学と嚥下訓練』口腔・全身から診る嚥下機能とアプローチ方法

 ‐ 嚥下障害と栄養、ポジショニングを含めた全身アライメントの関係‐ 

「嚥下訓練」や「経口摂取訓練」は意識、運動機能、反射機能など様々な要素が関連しています。その一つ一つを理解し、アプローチすることで結果が向上すると考えます。 そのためには、「嚥下機能」を診る際、局所だけではなく、先行期からの姿勢、ポジショニングなどで嚥下機能を最大限に発揮させる環境が必要と考えます。ベッドサイドから何ができるか?カルテ、血液データの読み方など、実践に沿ったアプローチを実技を交え行っていきます。

 

【内容】

 ・栄養学の基礎

 ・初期評価の簡易スクリーニング

   ‐観察評価項目、栄養評価、血液データの読みかた

 ◎ ポジショニング方法(摂食嚥下に適したクッションの入れ方)

   ‐ベッドサイド臥位や車いす座位の不良肢位へのアプローチ法

 ・口腔、顎から診たアプローチ方法 ・頸部、体幹へのアプローチ

 ・開口、挺舌訓練 ・嚥下訓練 ・症例の提示 ・質疑応答

こんな方を対象としてます

特に問いません

受講料について

10000円(平成28年度会員:7千円)

申込方法

HPよりお申し込みください

  • Line
  • Hatena
『栄養学と嚥下訓練』口腔・全身から診る嚥下機能とアプローチ方法 - リハビリ看護栄養研究会