【終了しました】腰部機能の診方と身体アプローチ

若年者から高齢者まで腰部の障害を抱えている方は年々増加傾向にあります。
リハビリテーションアプローチとしてはマッサージ、物理療法を繰り返すだけになっている方も少なくありません。
今回のセミナーでは、腰部に対して選択的にアプローチをするために、機能解剖・触診・アプローチ方法を学んでいきます。
内容
• 生理・解剖・運動学からひも解く「腰部」
• 腰部機能のみかた
• 腰部をみる上で必須となる筋骨格の触診
• 腰部機能に対する身体アプローチ

  • Line
  • Hatena
腰部機能の診方と身体アプローチ

開催情報

主催
Fit(主催者の詳細情報を見る)
日時
2017年02月19日

10:00〜16:00
定員
20人

受講料
12000円/1人
会場

決まり次第受講生にお知らせします

住所
福井市周辺施設

申込方法

https://business.form-mailer.jp/fms/766645f655138

上記URLより必要事項をご入力ください。

ホームページ

http://fit-reha.jp

こんなことを教えます

脊柱は7個の形椎と12個の胸椎、5個の腰椎に、5つの仙椎が癒合して構成される仙骨、哺乳類の尾の名残であり、4-6の小さな尾骨が癒合してできている尾骨からなります。
 そして、この脊柱は神経の保護や身体を支持するために必要な「堅牢性」と身体をしなやかにするための「柔軟性」という2つの相反する役割が求められます。

リハビリの世界では、腰部、骨盤帯に関しては、関わる機会が多いのではないでしょうか?
「腰部」の特徴を知り、臨床に生かせる方法を学んでみませんか?

こんな方を対象としてます

リハビリテーションセラピスト、学生、柔道整復師、その他腰部について学びたい方

受講料について

12000円/1人

受講する際は以下をお読み下さい

服装:当日は動きやすい格好でお越しください。
持ち物:ヨガマットまたはバスタオル2枚

申込方法

https://business.form-mailer.jp/fms/766645f655138

上記URLより必要事項をご入力ください。

ホームページ

http://fit-reha.jp

  • Line
  • Hatena
腰部機能の診方と身体アプローチ