【終了しました】認知症の臨床的理解~根拠に基づいた評価・アプローチについて~

セラピスト向けの研修会の案内です。

  • Line
  • Hatena
認知症の臨床的理解~根拠に基づいた評価・アプローチについて~

開催情報

主催
リハガク(主催者の詳細情報を見る)
日時
2018年01月07日

10:00~16:00
定員
60人

受講料
7000円/1人

ペアでの申し込みで6000円での受講となります。

会場

アステリオ北堀江ザ・メトロタワー7F セミナールーム

住所
大阪市西区北堀江1-2-19

申込方法

リハガクホームページからお申込み下さい。

http://reha-gaku.com/

ホームページ

http://reha-gaku.com/

こんなことを教えます

【概要】
 認知症を理解するためには、認知機能障害だけでなく、さらに併存疾患などの身体の健康状態や生活歴、性格傾向、社会心理までを全て評価したうえで、「一人の生活者」として理解しなければなりません。

これまでの認知症の勉強会といえば、ケア哲学のような、「心構え」について学ぶものが中心であったように思います。もちろん、これらをしっかり理解しておくことは必須です。

しかし、療法士は一人一人の対象者の目標に沿った評価と介入を行う必要があります。「心構え」や教科書の知識だけで十分な認知症のリハビリテーションができるでしょうか?
効果的な認知症のリハビリテーションを行うには、エビデンスとナラティブの双方に基づくアプローチが必要です。
 本セミナーでは、なぜその介入を行うのか、適切な根拠に基づいた評価と介入までのプロセスを紹介します。

具体的には、MCIの抽出から重度・最重度の残存する認知機能を測定するための検査、ADL評価の方法、身体活動量や睡眠がADLにおよぼす影響、BPSDの評価・介入、認知症高齢者のためのQOLの評価、集団を用いた介入の評価など様々な評価方法の紹介と解説、そしてその評価から導かれる非薬物療法的アプローチに至るまでのプロセスを症例も紹介しながら伝えます。

明日からの実践にどのようにつなげるのかについてお伝えできる内容にします。配布資料も明日から使える内容にしてお渡しできるようにします。

【セミナー内容】
午前
〇パーソンセンタードケアと評価の基本的姿勢(田中)(50分)
〇身体活動量と睡眠がADLにおよぼす影響(石丸)(50分)

午後
〇認知機能障害とADL、BPSD、QOLの各評価と相互関連性について〜介入までのプロセス〜(40分×2)(田中)
〇非薬物療法について~主に集団・個別活動の評価と効果~(田中)(30分)
〇一症例の臨床的評価・介入の道筋(田中)(30分) 
〇質疑応答(残り時間)

こんな方を対象としてます

認知症について学びたい方

受講料について

7000円/1人

ペアでの申し込みで6000円での受講となります。

申込方法

リハガクホームページからお申込み下さい。

http://reha-gaku.com/

ホームページ

http://reha-gaku.com/

  • Line
  • Hatena
認知症の臨床的理解~根拠に基づいた評価・アプローチについて~