【終了しました】半側空間無視・失行の神経メカニズムとニューロリハビリテーション~札幌会場~

脳損傷後にみられる代表的な高次脳機能障害である
半側空間無視と失行の病態をクローズアップし、
最新の研究成果に基づくそれらの神経メカニズムについて学び、
それを活かしたニューロリハビリテーションの実際について学び、
実際の現場での意思決定に役立てる。

  • Line
  • Hatena
半側空間無視・失行の神経メカニズムとニューロリハビリテーション~札幌会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2017年04月16日

10:00~16:00(受付9:30~)
定員
150人

受講料
12500円/1人

(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含めて7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

札幌コンベンションセンターSORA 2階 204会議室

住所
北海道札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

【講師】
森岡 周 先生
畿央大学 健康科学部 理学療法学科 教授・理学療法士

右半球損傷後にみられる半側空間無視は、空間性の注意障害を示す
代表的な高次脳機能障害ですが、その病態を最近の神経科学成果に
基づいてサブ分析し、全般性注意障害、能動的注意障害、受動的注意障害
といったそれぞれの観点から適切な介入手段を考えて行く場にします。

一方、左半球損傷後にみられる失行は、意図的な行為障害を示す
代表的な高次脳機能障害であり、なかでも、道具の使用失行はADL障害に
直接的に関与します。ここでは、最近の神経科学性化に基づいて
その病態をサブ分析し、行為の拙劣性、道具の誤使用等といった
それぞれの観点から適切な介入手段を考えて行く場にします。

本講演では、関連職種にとって基本となるであろう
半側空間無視・失行の神経メカニズム、ならびにそれを考慮した
ニューロリハビリテーションについて解説します。

当日の流れ

【プログラム】

1) 半側空間無視の神経メカニズムとニューロリハビリテーション
・病態と脳の責任病巣
・古典的な臨床アプローチの整理
・最新の注意(障害)に関連した神経メカニズム
・半側空間無視の病態にあわせた臨床ストラテジー

2)失行の神経メカニズムとニューロリハビリテーション
・病態と脳の責任病巣
・古典的な概念と臨床アプローチ
・最新の上肢の行為(障害)に関連した神経メカニズム
・失行の病態にあわせた臨床ストラテジー

※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

こんな方を対象としてます

理学療法士・作業療法士・その他

受講料について

12500円/1人

(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含めて7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
半側空間無視・失行の神経メカニズムとニューロリハビリテーション~札幌会場~