【終了しました】第1回 臨床でしか使えない脳画像の見方と機能解剖in大阪

皮質編~運動野障害専門の評価と治療の考え方~
脳画像と知識はこうやって臨床に使うシリーズ~

いつも脳画像セミナーにご参加いただきありがとうございます。
今年も全5回 脳画像セミナーを開催します。
昨年度とは違った内容、臨床での新たな視点を踏まえて、今年は『脳の各部位専門の評価』についてお話していきたいと思います。

  • Line
  • Hatena
第1回 臨床でしか使えない脳画像の見方と機能解剖in大阪

開催情報

主催
脳外臨床研究会(主催者の詳細情報を見る)
日時
2017年05月04日

10:00〜16:00 受付9:30〜
定員
200人

受講料
5000円/1人

参加費は当日、受付にてお支払い下さい。
参加費の中には資料代も含まれております。

会場

エルおおさか 南館5階

住所
大阪市中央区北浜東3-14

申込方法

ホームページhttp://www3.hp-ez.com/hp/nougerinsyou/page1からのお申込みも可能です

【お申込み】
詳細はホームページからhttp://www3.hp-ez.com/hp/nougerinsyou/page51

https://ssl.form-mailer.jp/fms/973230df488637
 上記URLからお申込み下さい。

【お問い合わせ方法】
お問い合せは事務局 橋本 一平 までお願いします
gazounouge@yahoo.co.jp

こんなことを教えます

~脳画像と知識はこうやって臨床に使うシリーズ~
はじめに簡単ではありますが、当脳画像セミナーの特徴をお伝えしたいとおもます。

<脳画像は何のために使うのか?>
脳画像を見る目的は、3つあります。

① 評価項目の選択
② 予後予測をするため
③ 現象の解釈のため

まず評価項目ですが

例えば、
被殻出血と視床出血で評価項目を変えていますか?
ちなみにどんな評価をするでしょうか?

被殻と視床では評価が全く違います。

BRSーTと書かれた方。正解です!!
しかし、これは被殻や視床の評価ではなく、
出血に伴い皮質脊髄路に障害が及んだことに伴い
起こる症状です。

つまり、運動麻痺の評価と治療をしているだけでは
被殻も視床出血の患者様はよくなりません。

被殻には被殻の評価と治療が
視床には視床の評価と治療があるので、それをお伝えしたいと思います。

これは②つ目の予後予測にも大きく関与します。
皮質脊髄路が障害されてなければ、麻痺は改善します。
これは治療効果ではなく自然回復です。
画像を見ることで
何をターゲットにして評価・治療し
その結果、自分の治療効果がどこまであったのかがわかるようになります。

そして、最後の現象の解釈のためでは
脳画像と機能解剖を理解することで
一つ一つの現象の区分けができるようになります。

何が運動麻痺で何が筋緊張?
どうやって評価して
治療すればいいのか?
この区分けができれば、何に困っているかが
明確になり治療方法が大きく変わります。

これらのことを知るために脳画像セミナーを行っています。
全5回を通して
脳画像から評価・治療の考え方までを
1年目でもわかる形で紹介していきます。

評価に困る・・・・
何から勉強していいかわからない・・・
勉強はしてるけど臨床に使えない・・・・

大丈夫です!!
僕が、臨床での現象をもとに
脳画像と機能解剖をお伝えしますので
明日からすぐ評価に治療に活かせると思います。

その中で今年度、第1回目となるのが、皮質編~運動野障害専門の評価と治療の考え方~
<プログラム>
•なんの為に脳画像を見るの?
•脳画像から分かることは何か?
•CT.MRIの見分け方と見るべき画像
•皮質レベルで運動麻痺が出現する場所
•運動麻痺とは何か?何を評価し、何を治療すれば良いか?
•運動麻痺の3つの見るべきポイント!
 これがわかれば、筋緊張と区別できる。

 講師である脳外臨床研究会 
会長の山本秀一朗は、主に脳卒中専門の作業療法士です。
「障害の本質を知りたい」「患者様を笑顔にしたい」その想いで、
脳画像と機能解剖を臨床に落とし込みながら勉強されてきました。
その為「臨床に使えない多くの知識より、臨床に使える突き抜けた考え方が大切」ということを信念に臨床で戦うセラピスト大阪、名古屋、兵庫など6年間で延べ10000人以上のセラピストが参加されました。

脳卒中患者様を治療する為に、まずは楽しく脳のことを学んでみませんか? 
本を読んで学ぼうと思っても一人では理解するのが難しい・・・それが脳です。

脳外臨床研究会では、臨床に必要な最低限の知識を臨床にすぐ使える形に変えて提供しています。

このセミナーで脳卒中・脳画像を好きになるきっかけを見つけてみませんか?
また、勉強している先生は、会長が提案する臨床メソッドを聞くことで治療の展開が広がります。共に患者様の夢を叶えれるセラピストを目指しましょう。

脳外臨床研究会スタッフ一同皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

『参加受講生の声』
■専門的な話の他にも、自己意識を高める方法など学ばせて頂いています。もっと先生の考え方を聞いてみたいです。

■アツイ講義でモチベーションが上がりました。

■患者様との会話や自分自身の人間力・思考力を高める必要を感じました。明日から目的が出来ました。有り難うございます。

■苦手だった、いや、むしろ大嫌いだった脳画像がこの勉強会に参加させて頂いてから「面白い」と思うようになりました。

■今までは、分からない・・ダメ。と思っていましたが、わからないは『チャンス」だと、成長する前兆であると思う。そのような先生の思考に感銘をうけました。思考転換して患者様を幸せにしたいです。

■モチベーションがあがります!!早く患者様に会いたいです。支援したいです。共に成長したいです。

■思考力・傾聴・会話力の大切をしりました。まだまだ出来ることが見つかりました。

■仕事のこと、病院のこと、将来のこといろんなことに迷っていました。でも、今日お話を聞いて道が開けました。自分の捉え方・考え方を少しづつ変えていこうと思います。

数々の受講生からの嬉しい言葉を頂いております。
脳外臨床研究会一同先生方にお会いできるのを楽しみにしております。

こんな方を対象としてます

<こんな人にオススメ>
・今から脳を勉強しようと思っている人
・知識が臨床に活かせない
・他の脳の勉強に行ったけど難しかった人
・臨床で活躍してる人の話が聞きたい人
・もっと患者様を良くしたいと思っている人
・なかなかモチベーションが上がらない人
・一人で臨床に悩んでいる人

受講料について

5000円/1人

参加費は当日、受付にてお支払い下さい。
参加費の中には資料代も含まれております。

申込方法

ホームページhttp://www3.hp-ez.com/hp/nougerinsyou/page1からのお申込みも可能です

【お申込み】
詳細はホームページからhttp://www3.hp-ez.com/hp/nougerinsyou/page51

https://ssl.form-mailer.jp/fms/973230df488637
 上記URLからお申込み下さい。

【お問い合わせ方法】
お問い合せは事務局 橋本 一平 までお願いします
gazounouge@yahoo.co.jp

  • Line
  • Hatena
第1回 臨床でしか使えない脳画像の見方と機能解剖in大阪