【終了しました】言語聴覚士のための嚥下造影検査の見方~読影の基本と治療につなげる検査の考え方~東京会場~

・豊富な映像を用いての所見のとり方や訓練法などを解説し、グループワークによる症例検討を交えて、VF検査による所見のとり方や訓練とのつながりを学ぶ。
・対象:言語聴覚士をはじめ、VF検査に関わる医師・歯科医師・看護師・理学療法士・作業療法士・管理栄養士など

  • Line
  • Hatena
言語聴覚士のための嚥下造影検査の見方~読影の基本と治療につなげる検査の考え方~東京会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2017年07月23日

10:00 ~ 16:00 (受付9:30 ~)
定員
60人

受講料
12500円/1人

(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含めて7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

株式会社 日本印刷会館 2階会議室

住所
東京都中央区新富1丁目16番8号

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

【講師】
福岡 達之 先生
広島国際大学 総合リハビリテーション学部 言語聴覚療法学専攻 准教授・言語聴覚士

【講義概要】
嚥下造影(VF)は医師が実施する検査ですが、言語聴覚士も他職種と協同して評価や治療方針の決定に関わっていると思います。
嚥下訓練を担当する言語聴覚士にとって、VF検査から得られる多くの情報は、適切な嚥下評価および訓練を行っていく上での根拠にもなります。

VF検査の目的は、嚥下障害の病態診断だけでなく、少しでも経口摂取できる方法(代償法,食形態など)を見つけることや適切な訓練法を選定することにあります。
誤嚥を見るだけの検査にならないよう、患者のbest swallowをしっかり検討することが重要です。
VF検査では、限られた時間の中で必要な検査項目を効率よく行うことが求められます。
一瞬で終わる嚥下の動きや食物の流れを捉える読影テクニックや症状に応じて代償法を選択する能力も必要です。

本セミナーでは、言語聴覚士のための読影の方法や治療につなげる代償法の選定など、一歩進んだ検査の見方について映像で丁寧に解説していきます。
対象は主に言語聴覚士としていますが、VF検査を実施する医師や検査に参加する看護師、理学療法士、作業療法士、管理栄養士の方々のご参加も歓迎いたします。

※本セミナーは、グループワークによる症例検討を予定しています。

【プログラム】
1.嚥下造影検査の基本知識
2.嚥下造影検査の流れ
3.嚥下動態の見方
4.咽頭残留、喉頭侵入、誤嚥の見方
5.代償的アプローチ(姿勢調整、嚥下手技、食形態)
6.疾患別にみる特徴
7.病態から考える嚥下訓練
8.演習(症例検討:グループワークを予定)

※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

こんな方を対象としてます

言語聴覚士をはじめ、VF検査に関わる医師・歯科医師・看護師・理学療法士・作業療法士・管理栄養士など

受講料について

12500円/1人

(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含めて7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
言語聴覚士のための嚥下造影検査の見方~読影の基本と治療につなげる検査の考え方~東京会場~