【終了しました】腰痛症の評価とそのアプローチ~大阪会場~

様々な所見から腰痛症を推察する!
評価から導き出すことのできる腰痛症へのアプローチとは!?

  • Line
  • Hatena
腰痛症の評価とそのアプローチ~大阪会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2017年07月23日

10:00 ~ 16:00 (受付9:30 ~)
定員
60人

受講料
12500円/1人

(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含めて7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

大阪リバーサイドホテル 5階 B会議室

住所
大阪府大阪市都島区中野町5丁目12-30

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

【講師】
中宿 伸哉 先生
吉田整形外科病院 リハビリテーション科 科長・理学療法士

【講義概要】
腰痛は、代表的な現代病の1つである。厚生労働省の報告では、40代から60代の約4割が腰痛に悩まされているとしている。
また、近年では、若年者の腰痛も報告されるようになってきており、もはや腰痛は、どの年代でも発症しうる身近な疾患であるといえる。
一方、腰痛の約80%以上が非特異的腰痛といわれ、心因的な要素も含め、病態を表出させることが困難な場合も少なくない。

しかし、私達理学療法士にとって治療展開に必要なことは、理学所見や画像所見、場合によっては局所注射による疼痛部位判断などを駆使し、どの組織が原因で疼痛を引き起こしているのかを判断することで病態を推察することである。
これらの評価を行うことで、その疼痛を引き起こす原因が、拘縮にあるのか、筋力低下なのか、協調バランスの問題なのかなどを最終的に判断し、的確な治療を行うことが重要である。

今回、運動器疾患が原因となる腰痛に対し、それぞれ考えうる病態と原因、それに対する評価方法を提示し、運動療法への展開方法について解説する。

【必要物品】
実技あり:動きやすい服装(Tシャツ・ジャージ等の衣服)

こんな方を対象としてます

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・その他

受講料について

12500円/1人

(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含めて7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
腰痛症の評価とそのアプローチ~大阪会場~