【終了しました】自閉症スペクトラムとは何か、そしてその対応~東京会場~

自閉症スペクトラムとは、どのような状態でどのように対処すればよいか、
対象者の生活を支援するという視点に立って考えることができるようになる。

  • Line
  • Hatena
自閉症スペクトラムとは何か、そしてその対応~東京会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2017年08月11日

10:00 ~ 16:00 (受付9:30 ~)
定員
50人

受講料
12500円/1人

(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含めて7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

全国家電会館 1階 大会議室

住所
東京都文京区湯島3丁目6番地1号

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

【講師】
山根 寛 先生
「ひとと作業・生活」研究会 主宰・作業療法士

【講義概要】
リハビリテーション専門職が、自閉症スペクトラムと診断されている対象者の治療やリハビリテーションを実施するとき、従来の医学的検査により治療を行おうとすれば、対象者やセラピストにとってはストレスの高い先の見えない状況に陥ることがある。

その原因の一つに、自閉症の原因や対処が十分判明、普及していないこと、そしてリハビリテーション専門職が治療医学を基盤とする教育を受けているため、対象者の立場に視点をおいた目標の設定や支援するという生活支援が十分確立されていないことが影響している。

自閉症スペクトラムへの治療やリハビリテーションは、対象者や家族が日常生活や社会生活の何に困っているのか、その解決のためにリハビリテーション専門職はどのように支援すればよいかという生活支援の立場で考えるとよい

この講義では、自閉症スペクトラムに対し治療医学的視点に加え心理社会的視点から、どのように理解し対応すればよいかについて考える。

【プログラム】
<午前>
 1 自閉症スペクトラムとはどのような状態をいうのか
 2 自閉症スペクトラムの評価

<午後>
 1 対象者への対応
 2 家族への対応と関連する他職種との連携の基本

※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

こんな方を対象としてます

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・その他

受講料について

12500円/1人

(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含めて7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
自閉症スペクトラムとは何か、そしてその対応~東京会場~