【終了しました】腰椎椎間関節性疼痛と仙腸関節性疼痛の診方と運動療法の考え方~解剖・機能解剖学的視点から考察して~東京会場~

腰殿部痛や下肢症状を有する症例に対して、評価や治療を行う上で必要な解剖学・運動学的知識を基にした評価方法、運動療法を紹介します。

  • Line
  • Hatena
腰椎椎間関節性疼痛と仙腸関節性疼痛の診方と運動療法の考え方~解剖・機能解剖学的視点から考察して~東京会場~

開催情報

主催
株式会社gene(主催者の詳細情報を見る)
日時
2017年09月10日

10:00 ~ 16:00 (受付9:30 ~)
定員
50人

受講料
12500円/1人

(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含めて7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

会場

株式会社 日本印刷会館 2階会議室

住所
東京都中央区新富1丁目16番8号

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

こんなことを教えます

【講師】
齊藤 正佳 先生
名古屋スポーツクリニック・理学療法士

【講義概要】
整形外科的疾患による腰痛は、関節性・筋筋膜性・神経性など非常に多くの組織が絡んでいるとされています。そのため、腰痛は症状であって、病態ではありません。また、その症状は、腰部のみにとどまらず、殿部や下肢にまで症状を出現させることがあります。

これらの症状を捉えるためには形態・機能解剖学から病態を推察し、運動療法へと展開する必要があります。

本セミナーでは、腰部・骨盤帯の形態・機能解剖を元に、日常診療で多々経験する腰殿部痛や下肢症状を生じさせる腰椎椎間関節障害や仙腸関節障害の臨床的特徴や評価・運動療法について紹介します。

【プログラム】
<前半>
・腰椎、仙腸関節の形態・機能解剖学
・腰椎椎間関節障害、仙腸関節障害の評価
・腰椎椎間関節障害、仙腸関節障害の運動療法

<後半>
・腰椎の筋・関節の触診
・骨盤の筋・靭帯の触診
・腰椎椎間関節、仙腸関節の関節誘導

※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

こんな方を対象としてます

理学療法士・作業療法士・その他

受講料について

12500円/1人

(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含めて7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

受講する際は以下をお読み下さい

※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

申込方法

株式会社gene ホームページよりお申し込みください。

  • Line
  • Hatena
腰椎椎間関節性疼痛と仙腸関節性疼痛の診方と運動療法の考え方~解剖・機能解剖学的視点から考察して~東京会場~