【終了しました】【脳血管シリーズ】脳血管障害の捉え方とセラピストの身体調整

脳血管障害の罹患者、すなわちリハビリテーションが必要な人は年々増加しています。脳卒中治療ガイドラインでは発症後早期からの積極的なリハビリが推奨されています。しかし、やみくもな早期離床や非麻痺側優位の動作訓練の反復のみでは代償運動や麻痺側の不使用を助長してしまう可能性があります。

  • Line
  • Hatena
【脳血管シリーズ】脳血管障害の捉え方とセラピストの身体調整

開催情報

主催
臨床の学校(主催者の詳細情報を見る)
日時
2017年04月23日

10:00〜16:00
定員
25人

受講料
13000円/1人
会場

エバーウォーク両国(歩行機能特化型デイサービス)

住所
東京都墨田区石原3丁目27-10

申込方法

ホームページからお申し込み可能です。

こんなことを教えます

"闇雲な介入で症状を悪化させてる?"
脳血管障害の罹患者すなわちリハビリが必要な人は増えています。
脳卒中治療ガイドラインでは発症後早期からの積極的なリハビリが推奨されています。
しかし、やみくもな早期離床や非麻痺側優位の動作訓練の反復のみでは代償運動や麻痺側の不使用を助長してしまう可能性があります。
セラピストによる治療である以上、単なる動作介助ではなく麻痺側の機能回復を考慮して介入する必要があります。

"神経生理学をベースにした促通法とセラピスト自身の調整法"
脳血管障害における運動障害像を把握し、神経要因と非神経要因の筋緊張の捉え方、身体図式の調整を学びます。
運動療法では神経生理学をベースに促通に必要な要素、運動制御・運動学習理論を踏まえた上で基本動作〜歩行の促通を実技中心に行います。
また、運動療法の際に用いるタッチ・ハンドリングに必要なセラピストの身体調整も並行して行います。

講義内容
・脳血管障害の捉え方
・セラピストの身体調整
・タッチ・ハンドリングの基礎
※講義内容は変更する可能性があります。

こんな方を対象としてます

3年目以下の新人・若手セラピスト(PT、OT、柔道整復師、鍼灸マッサージ師など)
脳血管疾患について理解を深めたい

受講料について

13000円/1人

受講する際は以下をお読み下さい

■持ち物
・筆記用具

■服装
・薄手の衣服・動きやすい格好(スカート不可)

申込方法

ホームページからお申し込み可能です。

  • Line
  • Hatena
【脳血管シリーズ】脳血管障害の捉え方とセラピストの身体調整