【特集】伝えておきたい触診の感覚 -触診の正しい練習方法から臨床応用まで- | 赤羽根 良和先生

触診の練習をする前に知っておきたいこと 理学療法士にとって「触診」は、重要な技術の一つであることは疑う余地がない。「触診」は、身体の中の情報を捉えるために重要なツールとなる。そのために理学療法士は、日々の臨床において「触診」する能力を高めていくことが重要となる。   また、「触診」から得られる情報は、理学所見の一つである。臨床で大切なことは理学所見から得られる情報と画像所見から得られる情報とのマッチングである。画像所見ばかりに頼ってしまうと、偽陽性や偽陰性の鑑別が困難になるばかりか、的確な評価ができなくなる。   そのためには精度の高い「触診」が求め...

この記事はプレミアム会員様限定の記事です。

プレミアム会員に登録する

Bnr

Prs

Interviews