転職開始時期のベストと3つのポイント

  • Line
  • Hatena
2477 posts

 

もう季節が変わりつつある秋くらいから来年4月から転職を考えている人は動き出すことをお勧めします。

 

理由は、新卒入社と違い転職経験者は現在の職場での経験値も含まれて応募先から内定をいただいているケースがほとんどです。来年4月から新卒と同じ出というケースは内定を出す側からするとあまりメリットがありません。

 

理由は、診療報酬上、10年目の理学療法士でも1年目の理学療法士でも診療報酬上では全く差がないからです。転職組は新卒組と同じでは全く価値がないのです。

 

となると新卒の方が就活を本格的に開始する冬から春先により前の秋からスタートする必要があります。その理由を3つに分けてまとめていきたいと思います。

 

転職期間のゴールを逆算する。いつか転職しようでは転職できません。

 

転職への取り組みを具体的にスタートする上に必ず行いたいのが、活動開始から再就職までにかかる期間を把握し、スケジュールを立てることです。その際、ゴールを明確にしておく必要があります。

 

転職期間には個人差がもちろんありますが、一般的には就職先を調べたり面接で必要な書類作成から始めて、複数の面接をこなし、内定獲得・退職手続きをこなすまで、3か月~半年ほどかかると言われています。

 

特に円満退社を目指すならスケジュールをしっかり立てておかなければ必ず円満退社を迎えるケースは少なくなると思われます。狭い業界ですから学会で昔の職場の同僚と会ったりしたら円満退社なら近況報告など話題はポジティブですがそうでなければ気まずいことは想像がつくと思います。

 

転職は運。いつ求人が増えるか考えておこう。

 良い人材がいればそのタイミングで採用する企業も増えていますが、一般的には、企業の求人が増えるのは、例年1月~3月と7月~9月です。しかし一般的に転職ライバルもこの時期は多いです。

 

通年性になりつつある世の中ですが、4月と12月は忙しいので、なかなかいい求人はでてきにくいです。やはり一番の狙い目は1月~3月です。転職には3ヵ月くらい期間が必要ですからちょうど11月くらいから準備を開始することをおススメします。

 

あなたが就職したいポイントは転職を考えている人はみんな似たようなことを考えていると肝に銘じましょう。

 

転職支援サービスを上手く利用する。

なかなか応募先と連絡を取り合うのは働きながらですと時間的制約があり難しいと思います。一度、退職してから転職先を探すのであれば時間に比較的自由になりますのでこのような時間的制約はないのですが在職中では難しいものです。

 

そのような時は転職支援サービスを上手く活用することで時間コントロールがスムーズに行えます。転職エージェントしか扱っていない独自の非公開求人を多数抱えていたり面接等の指導をしてくれる場所もあるそうです。新卒と違い転職組は社会人マナー等はよりみられます。

 

POSTでは、理学療法士の働き方などのキャリア支援も大切なことだと考えております。

 

転職に強いエージェント会社を利用するにはエントリーシートにご入力ください。

 

  • Line
  • Hatena
転職開始時期のベストと3つのポイント