Google 聴覚障害者の会話を支えるAndroidアプリを開発

  • Line
  • Hatena
138 posts

 

Googleは米国時間の4日、聴覚障害者向けのAndroidアプリ「Live Transcribe」と「Sound Amplifier」の二つを発表した。

▶︎ Making audio more accessible with two new apps

 

世界保健機関は、2055年までに、聴覚障害を持つ9億人の人々がいると見積もっている。

 

今回、開発されたLive Transcribeは日本語や英語を含む70以上の言語で利用可能である。テキストで会話したいユーザーのために、タイプバックキーボードを使用して双方向の会話が可能に。フォントサイズは5段階で、表示方法は「黒い背景に白い文字」か「白い背景に黒い文字」の2種類である。

 

「Sound Amplifier」は、騒々しいカフェや空港ラウンジのように、バックグラウンドノイズが多い状況でも余計な音をフィルタリングして必要な音を際立たせるアプリだ。  簡単なスライダーとトグルで、音の強調設定をカスタマイズしたり、ノイズリダクションを適用して、気になるバックグラウンドノイズを最小限に抑えることができる。

 

  • Line
  • Hatena
Google 聴覚障害者の会話を支えるAndroidアプリを開発