【前編】「部活と同じだ理論」  文京学院大学 教授 福井勉先生

継続の秘訣

ーー 前回のインタビューで、オリジナリティが大事という話がありましたね。先生は「姿勢や動作のバイオメカニクス」や「皮膚運動学」をテーマに各地でお話されていますが、誰もやっていない領域を開拓するのには抵抗などはなかったのですか?

 

 

福井勉先生(以下:福井) なにかの学びはじめっていうのは、疑問をたくさん浮かび上がりますし、それを解決するために「あーじゃないか、こうじゃないか」と教科書を開いたり考えたりを繰り返しますよね。

 

でも、自分にとって分からないことを続けるにはけっこうエネルギーを使うものです。

 

疑問に思ったことを解決するその作業というのは、とても大変ですし、こんなこと続けていて意味あるのか?という気持ちになることもあります。

 

ーー 先生はそこでどうやって「続ける」ことができたのですか?

 

福井 私がいままで続けてこれたのは、疑問を解決することによって得られた達成感です。

 

具体的には、やはり病院場面だと臨床なんですよね。何か分かった日は気分が上がりますし、これでいいんだなと思えます。毎日続けて臨床していると,なんとなく「くるな」って思うときがあります。多少、おかしな話かもしれませんが、だから今まで続けられた気がします。

 

例えば,膝の痛い人に対して、教科書に書いてあるストレッチを参考に指導するとします.ただ教科書によりますが、エビデンスや根拠があるのかって疑問に思うようなことが書いてあったりしますよね。そのとき、解決策になりやすかったのが力学的なことで,人間工学を勉強し始めました。

 

成長するために

 

ーー いろいろと不安や不満を持っている20代のセラピストも多いようです。そのなかで、「成長」していくためにどのようなことが必要だと思いますか?

 

福井 一つは、テーマをなんでもいいから決めて、長所というのを磨いた方が良いと思うんです

 

多くの人はエネルギーを分散しているというか…エネルギーの向けどころが、自分以外のものに向けられている場合もあります。例えば、不満があってそれが自分の病院の景色や先輩の技術のなさだったり、管理能力の低い上司がいるとか、そういうところにたくさんエネルギーを使ってるように思います。

 

そしたら自己成長の方にエネルギーを使えないのは当然ですよね。今の人たちは,テーマを限定してしまったら、他のことがわからなくなるんじゃないかと、不安を抱いている人がいるみたいです。

 

「部活と同じだ理論」というのを考えたんです。



深く考えずテーマを決める

例に挙げると,高校で部活に入部するのは、4月に決めるじゃないですか。バレーボール部に入ったひとに、あとで「なんでバレーボールなんだ」って質問したって、そんな理由なんて説明できる人の方が少ないもんです。たいして答えなんてないんですよ。

 

自分がこれを高めようとテーマをもってやっている人は、伸びると思うんです。プロフェッショナルに出てる人は皆そうです。寿司職人は、50年もやっていても「まだダメだ」とか。ご飯粒の間にこれだけ空気を入れればいいのかと言っています。

 

テーマを決めるのにすごく苦労していますが、だけど1年後のテーマでさえいつまでたっても決まらない人が多いです。1年先決まらない人に10年20年先のビジョンを決めるというのは無理なことです。でも、そういう人は部活と同じでそんなに深く考えず、テーマを決めてしまえばいいと思います。

 

ーー とりあえず何かを決めてやっているうちに気づけば長所になっている、そんな感じですかね。

 

福井 自分が決めたことを繰り返している人は、そのうち自信が手に入ります。

 

うちの学生に、「来週までになんでもいいから人にサービスをしてくる」という宿題を出しています。それは、まだ一年生だから理学療法の理の字も分からない学生たちにです。何をするのか決めて,決めたことをやってこいと伝えています。店員さんにこっちから話しかけるとか、簡単なことでいいんです。大事なのは,「決めたことをやってくる」ということ。

 

自分が投げた球で、相手がどう投げ返してくるかなんて分からない.予想と外れた球が来たときに「なんでこうだったんだろう」と考える方が大事です。

 

人間って不思議なもので、何か一つのことをずっとやっている人を尊敬する性質があるように思います。毎日一所懸命やるっていうことがかなり重要で、努力しないでもうまくお金が稼げて、努力しないですむ方法とか、不労所得とかそういうこと考えている人もいると思います。

 

でも、そうするとなぜだかうまくいかないものです。人のために一歩一歩継続して続けていくこと。当たり前ですが、それがいま皆さんに伝えたいことです。

 

後編>>「人間工学と皮膚運動学。二本の柱の先に」

 

 *目次

【第一回】道のはじまり

【第二回】二人のライバルと高めあったオリジナリティ

【第三回】世界の中の日本人 ~尻の穴が小さい人にならないために~

【第四回】「自信がない。」若手療法士の不安に対して

【第五回】福井先生にとってのプロフェッショナルとは?

 

福井勉先生

 

文京学院大学保健医療技術学部  教授

文京学院大学大学院保健医療科学研究科

スポーツマネジメント研究所 所長

[経歴] 昭和大学藤が丘病院、東京都立医療技術短期大学、昭和大学藤が丘リハビリテーション病院主任、昭和大学医療短期大学助教授,昭和大学保健医療技術学部助教授を経て現在に至る。

昭和大学客員教授,茨城県立医療大学非常勤講師

[著書]

整形外科理学療法の理論と技術 ブラッシュアップ理学療法―88の知が生み出す臨床技術 皮膚運動学―機能と治療の考え方 皮膚テーピング〜皮膚運動学の臨床応用〜 (運動と医学の出版社の臨床家シリーズ) 結果の出せる整形外科理学療法−運動連鎖から全身をみる 姿勢調節障害の理学療法 第2版 外来整形外科のための退行変性疾患の理学療法 二関節筋―運動制御とリハビリテーション ザ・シリーズ ザ・歩行 第1版 消っして忘れない運動学要点整理ノート (PT・OT必修シリーズ) 復帰をめざすスポーツ整形外科 スポーツ傷害の理学療法 第2版 (理学療法MOOK 9)


他多数

[論文]
In which direction does skin move during joint movement? (Skin Research and Technology,2015) An Educational Visual Material for Joint Moments in Evaluation of Posture and Movement.(WCPT),The relationship between Hip-Knee Joint Moments and Pelvic Tilt during Squatting.(WCPT),The relationship between saggital and frontal moment of the hip during pelvic sway movement.(ISB),Pelvic movement pattern during squatting(ISEK),筋・腱付着部損傷の治療―リハビリテーション―(MB Orthopaedics、2014),皮膚運動学の応用(臨床スポーツ医学,2014),鼠径部・股関節周囲筋のstiffnessに対するアプローチ(臨床スポーツ医学,2014).姿勢の標準化に関係する研究(NSCA学会誌、2014),.姿勢の非対称性が頸椎の回旋に及ぼす影響(理学療法科学,2012),呼吸運動時の胸部と腹部の皮膚挙動特性(理学療法科学、2012),スポーツ活動における運動連鎖について(Medical Rehabilitation,2011),膝スポーツ外傷・障害 姿勢動作から見る身体重心と筋負担(sportsmedicine,2010),基本動作の生体力学と臨床への応用のポイント(理学療法,2010) 姿勢保持とバイオメカニクス(総合リハビリテーション,2008)腰痛予防のコンディショニング(臨床スポーツ医学,2007)姿勢のバイオメカニクス(理学療法、2007) 関節病態運動学と姿勢制御(理学療法,2006)姿勢・動作分析における身体重心点の視覚的評価の検討(理学療法学,2006)姿勢制御について(理学療法―臨床・研究・教育,2006),外反母趾患者の運動機能病態の力学的計測と解析(バイオメカニズム学会誌,2005)運動器疾患領域における理学療法実践モデル(理学療法ジャーナル,2004),変形性膝関節症の運動力学的解析(昭和医会誌,2003),膝関節疾患の動作分析(理学療法科学,2003),スポーツ傷害と筋力(理学療法科学,2003),立位動作における下肢関節モーメント(臨床バイオメカニクス,2002),変形性膝関節症の病気別理学療法ガイドライン(理学療法,2002),EBP in physical therapy 運動器疾患の理学療法(理学療法ジャーナル,2001),大腰筋機能の臨床的考察(バイオメカニズム学会誌,2000),力学的臨床理学療法(近畿理学療法士学会誌,2000),力学的平衡理論,力学的平衡訓練(理学療法ジャーナル,1999),スポーツ傷害の治療(下肢)(理学療法科学,1998)身体平衡と動作分析(全国労災病院リハビリテーション技師会学術誌,1998),動作分析と運動連鎖(理学療法ジャーナル,1998),下肢スポーツ障害に対する生体力学的アプローチ(理学療法,1997),ジャンパー膝,Osgood-Scalatter病に対する運動療法(関節外科,1996),下肢支持モーメントと床反力垂直分力の関係についての検討(日本臨床バイオメカニクス学会誌,1996),ジャンパー膝に対する保存療法,Monthly orthopaedics別冊,1996),肩関節周辺疼痛の評価,(理学療法ジャーナル,1995),スポーツ障害への運動コントロールと運動学習理論の応用,(理学療法ジャーナル,1995),スクワットにおける足関節可動制限が膝関節モーメントに及ぼす影響(体力科学,1994),下肢荷重連鎖の運動力学(理学療法,1995),慣性モーメント操作による骨盤回旋誘導の試み(理学療法ジャーナル,1995)膝関節固定下における身体運動が脛骨前方移動に及ぼす影響前十字靭帯機能の関与を中心として,(昭和医学会雑誌,1994),膝関節障害力学的平衡理論からみた膝関節障害(理学療法学,1994),運動学習の運動療法への応用(理学療法,1994),膝前後動揺性と床反力前後分力の関係について(日本臨床バイオメカニクス学会誌,1993),陳旧性前十字靭帯損傷膝のpivot shift test時における前後不安定性の検討(日本臨床バイオメカニクス学会誌,1993),膝蓋骨脱臼・亜脱臼に対するLATERAL RELEASE(臨床スポーツ医学,1993),膝関節運動療法のバイオメカニクス,(別冊整形外科,1993),膝前十字靭帯再建術後の早期理学療法について,(別冊整形外科,1993),足部骨折術後の早期理学療法(理学療法,1992),膝軟部組織疾患術後の早期理学療法(理学療法,1992),下肢の回旋運動とステップについて(Sportsmedicine,1991),骨関節疾患と運動療法:下肢回旋機能に着目して(理学療法学,1991),等速性収縮における表面筋電図周波数解析(東京都立医療技術短期大学紀要,1989)習熟理論の歩行への応用(理学療法学,1988),脛骨大腿関節のバイオメカニクス(理学療法学,1988),その他

Bnr

Prs

Interviews