33

【入門編】リハビリ職のための発表資料・スライドデザイン講座

8397 views

デザインは「統合と解釈」が大事

こんにちは。POST クリエイティブディレクターの森田(@ksk116street)です。

 

画像や動画を作るお仕事をしている関係で、最近は「スライドってどうやったらオシャレに作れるの?」とよくアドバイスを求められます。

 

この問いに対して、今回、私がみなさんに伝えたいのは「オシャレに作ることよりももっと大切なことがある」ということです。

 

そもそもデザインという言葉の意味を「オシャレにする、格好よくする」のように捉えている方が多いと思いますがそれは間違いです。

 

デザインの語源は、

 

デッサン(dessin)と同じく、“計画を記号に表す”という意味のラテン語designareである。
つまりデザインとは、ある問題を解決するために思考・概念の組み立てを行い、それを様々な媒体に応じて表現することと解される。

デザイン – Wikipedia

 

にあります。問題を解決するために思考・概念の組み立てを行うこと。つまり、スライドを作る目的を"評価"して、”アプローチ”することが大切です。

 

以前、NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で、キリンレモンのパッケージデザインを頼まれたアートデザイナー佐藤可士和氏が、「売上減少」という問題点に対し、どう考えデザインするのかという番組の中でこう話されていました。

 

「アートデザイナー = 医者」、「最初、問診をしてどこが悪いかを一生懸命つきとめる。その時点で課題が顕在化する」

 

療法士でいう「問題点の抽出→統合と解釈→アプローチ」の流れと全く同じですよね。

 

スライドデザインの相談を受けた際に、だいたい僕が指摘するのは「たしかに綺麗だけど、伝えたいことが伝わってこない」、「なんのためのスライド?」といったようなものです。

 

スライドを作る目的を果たす、それが一番大事なことです。
 

スライド作りのコツはGoogle先生に聞こう

ここで皆さんに朗報です。

 

今は、インターネットの発展のおかげで、「デザイン スライド」だったり「プレゼン オシャレ」などで検索をするとたくさんのページがヒットするようになりました。

 

例えば、「発表する会場の一番後ろの人にも見えるサイズで」とか、「1スライドに1つの内容。情報を詰め込みすぎない」とか。そういう基本的なことは、私に聞くよりも"ググる"方がはるかに、たくさんの情報が入ってくきます。

 

ここでは、なので私が参考にさせていただいているサイトを代表して3つご紹介させていただきます。

 

伝わるデザイン

このサイトは「読みやすく」「見やすく」「見栄えよく」の3つの項目にわけて紹介されています。とても丁寧なので、デザインを一から学びたい方にオススメ!

 

■ すぐに実行できる!プレゼン資料作成のコツ10選&参考になる資料集3選

ポイントだけ掴みたい!という方はここに書かれているものを実践するといいかもしれません。felletさんは他にも無料で使える写真や画像サイトのまとめなどもあるので、他のページも覗いてみては?

 

■ 見やすい!わかりやすい!伝わる!プレゼンに役立つ資料まとめ

こちらはスライドシェアで紹介されているので、このスライド自体のデザインを真似てみるのもいいかもしれません。LIGさんのアイキャッチ画像は本当にオシャレかつインパクト大です。

 

配布資料にするときの注意点

 

スライド作りのポイントでひとつ「サイズを16:9の比率で作る」というのがあります。

通常の設定でスライドを作り出すと4:3なのですが、最近のモニターは16:9の比率のものが多く、そうすると余白ができてしまいます。

 

やっぱり画像や文字をできるだけ大きく表示させたいですよね。スライドを作成する際にあらかじめ「ワイド」を選択すると16:9で作成することができます。

↓↓

※画像はKeynoteです。Powerpointの場合、テーマ → ページ設定 → スライドサイズから設定できます。
 

 

ただ、ここで本題に戻りますが、「スライドが配布資料を兼ねること」けっこう多くありませんか?プレゼンテーションにおいて、「スライドと配布資料は別に作る」というのはよく言われていることですが、そうはいってもなかなか手間なものです。

 

もしこのまま16:9で印刷するとこんな感じ。

↓↓

一枚に8スライド入るのは魅力的かもしれませんが、その分1スライドのサイズが小さいので場合によっては見にくいかもしれません。

 

配布資料だけ4:3に設定を変更→レイアウト崩れを修正し配布してあげるといいと思います。

 

また、白黒印刷なのかカラー印刷なのかを注意するのも大事。特に、写真の上に文字が記載しているケースだと被って見えにくくなることが多いです!一度、自分で印刷してみて確認するのを忘れずに!

 

 

最後に

デザイン上達のコツは「いろんな方が作ったデザイン物を見て考える」です。よく行く店のロゴはなぜこのカタチや色をしているんだろうとか、なぜこの映像はこんなに印象的なんだろうとか、そんな感じです。

 

デザインには理由や目的があります。そして真似してみる。そうすることで、見えてくるものがあると思っています。

 

次回は"色"の話を脳科学や心理学を踏まえてお伝えします。無料会員の方はページ上部にある「お気に入りに追加」ボタンを使うといつでもこの記事見れますのでご活用くださいね。

ではでは!

 

最近作成した記事↓

【インフォグラフィック】産業理学療法の3つの考え方とは? - 株式会社バックテック 福谷直人先生 -

 

 

■ インフォグラフィックで描く Life On Vital Element (LE在宅・施設訪問看護ステーション)

 

 

事例から学ぶ訪問リハビリと他職種連携

無料会員登録をする
        post        pc
Le
Bnr

PR記事

インタビュー記事

Bnr 01