コメディカルドットコム

医学的リハと地域的リハの違い

2109 views

 

地域リハは地域で学ぶ

 ズバリ、医療で必要なリハと地域で必要なリハには違いがあります。必要なとは、我々療法士に求められている能力が異なるということです。徒手的な技術においては医療的リハに多く求められ、地域リハでは利用者を含めた家族、他職種など様々な人を介したメネジメント能力が求められます。

 

また、地域リハにおいて我々の提供するものはサービスにあたります。一昔前までは、医療現場で経験を積み地域で貢献することが推奨されていた時代もあります。しかし、現在では医療現場での経験が足かせになることも多くあります。

 

特に技術的な面において、徒手療法などを地域で求められることは少なく、「どのようにして社会に参加するのか」という具体的な解決策が求められます。さらに最近では、社会に参加することばかりか「社会に貢献する」ことも求められています。

 

事実、皆さんが日頃活用されるコンビニや飲食店で働く高齢者の姿を多く目にしていると思います。ただ社会に参加するのではなく、社会の一員として貢献することで、生活を実感される方々が今後ますます増えていくことでしょう。

 

社会に貢献する

 「社会に参加する」ことと「社会に貢献する」こととの違いはどこにあるのでしょう。その一つに、「自分で稼ぐ」ということが一つ、貢献を実感する結果であると思います。その中で、定年退職後、再度働きはじめる高齢者が増えているのだと思います。

 

今後、私たちが多く関わる高齢者は団塊の世代といわれる、日本の経済を支えてきた「働き者」の方々です。当然、そんな方々が求めるリハの質も高くなるのだと思います。最近では、地域リハの一環として、店舗を作り、高齢者の雇用をすることでリハビリテーションを行う企業も増えてきました。コンビニで働く高齢者を雇用することも地域リハになるのでしょう。

 

高齢者の雇用を生む地域リハを実践する理学療法士

 東京都内にも、高齢者の雇用を生むため、地域リハの一環としてパン屋を作った理学療法士がいます。そのほか、デイサービスや訪問リハ、自費サービスなど地域リハに必要な、そのほとんどのサービスを東京都内で展開しています。

 

ベストリハ株式会社では、地域リハに興味を持つ療法士のために、あらゆる地域リハを経験できる場、チャンスを提供しています。今年は、新卒の採用も積極的に行う意向であり、より若い年代から地域リハを実践し、地域に必要不可欠な専門家の育成に取り組んでいます。

 

社内教育も充実し、新卒であっても即戦力となれるような教育システムを構築しています。

 

地域リハを見学する

取材させていただきました、ベストリハ株式会社様から現職者の皆様限定で、素敵な提案をいただきました。今の時代、働きながら別の現場をみる機会は、学生の実習があった頃に比べ非常に少なくなってきていると思います。

 

そこで、「地域リハビリテーションに興味のある現職者」の方々を対象に、訪問リハビリテーションの現場を見学できるよう、体制を整えていただきました。

 

ぜひこの機会に、一度、これからの「地域リハビリテーション」をその目で見て、肌で感じてみてください。

 

【ご希望の方はこちらからご連絡ください】

ベストリハ株式会社 武田 宛

tel:03-5813-9897 mail:info@bestreha.com

※参加希望の方は、「POSTの記事を見ました。訪問リハの見学希望です。」とお伝えいただくとスムーズです。

※今回の見学は、就職希望の方のみに制限させていただいております。

※学生の見学も歓迎しております。

 

【求人情報】

ベストリハ株式会社では、訪問リハビリテーションに興味のある療法士を募集しています

詳しくはこちらをご覧ください。

無料会員登録をする
        post        pc
Le
B

PR記事

インタビュー記事

Bnr 01