第一回:理学療法はアートとサイエンス【石川県立明和特別支援学校 自立活動部|荒木 茂先生】

  • Line
  • Hatena
1848 posts

ー 理学療法士になったきっかけを教えてください。

 

荒木先生 昭和50年に、国立療養所近畿中央病院附属リハビリテーション学院に入学しました。その時は、理学療法士はまだ一般にはほとんど知られていない職業でした。学費がタダだったことや県から奨学金がもらえて、なおかつ国家資格が取れる職種だということで飛びついた感じです。

 

当時、テレビや漫画の影響で、脳性麻痺やポリオといった障害をなんとなく知っていたので、将来障害のある子供達の役に立てれば良いなと漠然と思っていました。

 

はじめに就職したのが、神奈川リハビリテーションセンターの “七沢老人リハビリテーション病院”というところでした。当時は学校に、色々な病院から「うちの病院に来てください」と、勧誘にくるわけです。猪鍋が食べられて温泉もあるし、楽しそうだと思いました(笑)。

 

実習で有馬温泉病院に行った時に、奈良勲先生や吉尾雅春先生に指導していただいて、脳卒中の理学療法に興味をもって就職を決めました。その頃ちょうど、PNFやボイタ法、ボバース法といった神経生理学的アプローチが脚光を浴びていた頃で、それが勉強できる場所でした。それまでのリハビリテーションというのは、“治らない障害者に対する代償的な機能訓練”というのがメインだったわけです。脳卒中、脊髄損傷や切断、リウマチ患者などに代償的な機能訓練をして、社会に返すというのが役割でした。ほとんど急性期病院に理学療法士はいなくて、脳卒中のリハビリテーションに関われるのは、数少ないリハビリテーション専門病院に限られていました。

 

神経生理学的アプローチと聞くと、魔法の治療みたいな気がしたんですよね。「麻痺した手足を、回復させることができるらしいぞ」と。みんな講習会にこぞって参加していました。

 

その頃は理学療法士の数は今とは比べられないくらいに少なかったので他の理学療法士がどのように患者さんの治療をしているのか気になりましたし、自分はこれでいいのかと不安でしたね。今のようにインターネットがない時代ですから、自分で探して自分で動かないと情報が得られないわけですから講習会や勉強会にはみんな参加していました。理学療法の本も少なかったし、情報を得るにはそれしかなかったんです。

 

ー 先生がボバース夫妻に直接会いに行った話を伺ったことがあります。

 

荒木先生 昭和55年の12月に行きました。確固たる信念があったわけでなく観光に行ったみたいなものです(笑) 。「自分もそんな魔法みたいな治療があるなら、自分の目で見てみたい」と思い、198,000円でロンドンに行くフリーの観光ツアーに申し込みました。(その時給料は10万円くらいでした)今と違って、インターネットもメールもない時代で国際電話もなかなかできない時代ですからね。

 

アポも取らず、とりあえず行ってみて、最悪建物だけでも見られればと、ダメもとで行ってみました。そしたら、受付のお姉さんが出て来て「日本から来た」と、説明したらボバース先生に直接お会いすることができて、運よく見学者コースに入れてもらいました。

ボバース夫妻が玄関に出迎えてくれて握手していただきました。感動しましたね。

 

話ははずれますが、昭和55年12月8日にジョンレノンが殺害されました。ちょうどその翌週くらいにロンドンにいました。町中大騒ぎでしたのでよく覚えています。その時、街頭でジョンレノンとオノヨーコが裸で撮った写真が表紙に載った「Rollingstone」とかいう雑誌を買ったのですが、その写真がジョンレノン最後の写真だったというのを後で知りました。今でもその雑誌は持っていますが、そんなに貴重なものとは知らなかったので、保存状態が悪く高くは売れないでしょう。いかに昔の話なのかわかりますね。

 

ー それで実際にボバース先生の治療を見てやっぱりすごいなと思ったんですか?

 

荒木先生 いや、よく分からなかったていうのが正直な感想ですね(笑) 。他にもたくさんのいろいろな国の理学療法士が見学に来ていましたが、脳性麻痺の赤ちゃんの治療でしたし、私は今まで赤ちゃんの治療をやっていたこともなかったので、何をやっているか理解できませんでした。ボバース先生は赤ちゃんを泣かせることなく、どんどんいろいろな動きを誘導していくのをこの目で見てやっぱりすごい人だと感じました。

 

それでボバース先生に紀伊先生の講習会を勧めてもらって、日本に戻ってまず成人用コース、後に脳性麻痺のコースに参加することになりました。

 

ー ボバースコースを受けた後、実際に臨床でハンドリングとかをした感触としてはどうでしたか?

 

荒木先生 いや、その頃の病院というのは、一日に30人から40人くらいの患者さんを診なきゃいけないので、そんなにハンドリングやっている時間なんてなかったですよ(笑) マンツーマンで指導できる時間なんて5分くらいしかなかったので。

 

理学療法士も今までマッサージ師が患者さんにマッサージしていたところに入ってきたような時代ですからね。徒手的な治療はマッサージ師の仕事でした。理学療法士の仕事は訓練です。立ちあがり訓練や歩行訓練などを何回もやらせたり、鉄アレイ持ったり、プッシュアップのなどの筋力強化訓練、そういうのがメインでした。

 

講習会に参加し考え方を学べたのは非常にためになりました。今の仕事にも役立っていると思います。どんなものでも本物を見ることは非常に大切です。本を読んでも勘違いして理解していることがよくあります。自己流の解釈で思い込みによる治療するのは非常に危険です。またわかったような気になり人様に教えたり、学生に指導したりしていたように思います。講習会に参加することで修正することができますし、本を読んでもわかるようになります。

 

いろいろと講習会に参加しましたが、講習会で習った技術を日常の仕事にそのまま使うことはなかなかできなかったんですよ。理学療法は「アート」と「サイエンス」と言われますが「アート」の部分はそう簡単に身につくものではありませんし「人間国宝」のような技術はなかなか誰でもできるものではないですね。理学療法は医行為ですから「アート」の部分をもっと標準化し基本的な技術は新卒の理学療法士ができるように教育方法を確立していかないといけないでしょう。

 

ピアノの名手のコンサートに何度通ってもピアノを弾けるようにはなりません。しかし本物を聞くことは価値があります。いきなり高いレベルを目指すのではなく基礎をしっかりと繰り返すことが結局は近道なんでしょうね。

 

 あまり最初から細かいことにとらわれるのではなく、習ったことをまねしてやってみて変化を実感できることが必要です。わかったような気になって自分の感覚をごまかしてしまうと再現性のないあたりはずれのある手技になってしまいます。

 

わからないものはわからない。できないものはできないのです。自分が再現性をもってできる方法で他者にわかるように説明できる方法が信頼性のあるものになります。「知っている治療」ではだめですから「できる治療」に変えていかねばなりません。「できる治療」を増やしていくことを目指して勉強しなければなりません。

続くー。

 

【目次】

第一回:理学療法は"アート"と"サイエンス"

第二回:人が立場をつくるのではなく、立場が人をつくる

第三回:フロンティア精神

第四回:診療の補助行為

最終回:理学療法士の品格

 

荒木先生オススメ書籍

夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録
Posted with Amakuri at 2018.4.5
V.E.フランクル
みすず書房

 

 

荒木 茂先生プロフィール

理学療法士

昭和53年 4月 神奈川リハビリテーションセンター 七沢老人リハビリテーション病院

昭和54年10月 石川県立中央病院

平成 元年 4月 小松市民病院

平成 5年 4月 石川県衛生総務課(リハビリテーションセンター開設準備室)

平成 6年10月 石川県リハビリテーションセンター

平成27年 4月 石川県立いしかわ特別支援学校

平成28年 4月 石川県立明和特別支援学校

  • Line
  • Hatena
第一回:理学療法はアートとサイエンス【石川県立明和特別支援学校 自立活動部|荒木 茂先生】
マイナビ
Shosekipc
1

企業おすすめ特集

編集部オススメ記事

Bnr 01