最終回:結婚式直前での悲劇と後悔【榊 聡子先生】

  • Line
  • Hatena
1170 posts

 

医師の赴任で、中枢から内部障害へ

ー 榊先生が理学療法士になろうと思ったきっかけを教えてください。

 

榊先生 もともとは人のためになるような仕事には興味がありました。高校生の時に自分がヘルニアで入院したときに病院で理学療法士さんをお見かけして、女性でかっこよく仕事をしている姿に惹かれました。患者さんの身体を侵襲的ではなくても、変化が出せる治療というので面白そうだなと思いました。

 

ー はじめから循環器のリハビリテーションに興味があったんですか?

 

榊先生 いえ、どちらかというと実習で(現職:春日部中央総合病院)ボバースをやっている先生の臨床を見て、患者さんを人間らしく機能的に良くするところに興味を持っていました。患者さんのことを第一に考えている先生も多く、話し方や触り方をすごく意識していて、そういうところからボバースを勉強したいと就職を決めました。なので、はじめは神経心理や神経内科の勉強会に参加していました。

 

臨床2年目の頃に、心臓外科の先生が当院に赴任されて、集中治療室も作る。その流れで心臓リハビリテーションもやるということになりました。その頃に、北里大学病院とか埼玉医科大学病院とかに研修に行かせていただいて、実際に日本のトップレベルの心リハを経験させていただきました。自分の提供しているリハビリテーションが本当に確かなものなのかを示す必要性にも気付いて、臨床研究にも没頭するようになりました。

 

その後、当院にPADのカテーテル治療で権威のある先生がいらっしゃり、PAD・CLI患者さんもうちの病院に集まってくるようになりました。やらざるを得ない状況になったんですよね。先生方が必死に患者様の足を救う姿に刺激を受けて、春日部のリハビリを良いフットチームにしていきたいという気持ちが強くなりました。

 

無知という恐怖

 

榊先生 2年目のころですがまだその頃は、知識も経験もない中で、勉強しながらやっている状態でした。リスク管理も今ほどうまくできていなかったと思います。

 

正直患者さんの身体の中で何が起こっているのか、ちゃんと把握ができていない中でリハビリをしていました。

 

そんな中で、手術後に長期人工呼吸器管理の患者さんを担当しました。その方の娘さんが、結婚するということになって、バージンロードを一緒に歩くために、リハビリ中もそういう練習していました。

その方はある日、不安や呼吸困難感を訴えていたのですが、酸素化も保てていましたし、精神的なものじゃないかと様子を見てリハビリを続けていました。

 

しかし、結婚式の二日前に呼吸状態が急激に悪化し、前日になって亡くなってしまったんです。今思えば、敗血症だったんでしょうね。

 

呼吸苦のある中でリハビリを続ける危険性もありましたし、早くに医師に報告ができていればなど悔やみました。色々やれることがあったと思います。理学療法士は、医療職の中で患者さんと接している時間が長い職業ですので、一番患者さんの些細な変化に気づきやすい職種だと思います。

 

内部障害のある方ですと、ただやみくもに歩かせるだけでは悪化させてしまうケースもあります。「痛がらないから大丈夫」ではなく、見落とすことがないように常にリスクを気にする意識を持っておく必要があると思います。

 

女性理学療法士として

 

ー PAD/CLI関連のリハビリテーション分野で活躍されていますが、女性のセラピストとして今の若手療法士に対してメッセージをお願いします。

 

榊先生 もしこの仕事が好きで今後もやって行きたいっていう思いがあれば、性別関係なく興味を持ったものに対して、突き詰めて行って欲しいなと思います。経験上、海外でのボランティアや東日本大震災の理学療法協会でのボランティアでの経験での人との出会いで多くのことを学びました。大切なことは多くの人に出会い、本気で悩み考えながら、最終的に患者さんに良い治療を提供できるのかだと思っています。

 

ー 最後に榊先生にとってのプロフェッショナルとはなんですか?

 

榊先生 仕事に対して誇りを持って成長し続けられていることです。

 

【目次】

第一回:隠れ末梢動脈疾患患者を見逃すな

第二回:切断後、歩行再獲得のためのチームアプローチ

第三回:結婚式直前での悲劇と後悔

 

足病患者リハビリテーション研究会

【日時】平成31年2月24日10:00~17:30

【場所】LMJ東京研究センター

【会費】5,000円

【内容】

<講義>

・小切断の装具療法

・小切断のリハビリテーション

<実技>

・免荷デバイス体験/義足体験

・創傷予防のリハビリテーション

詳細はこちら

 

榊 聡子先生プロフィール   

IMS 春日部中央総合病院 リハビリテーション科 理学療法士 主任

2002年 IMSグループ 春日部中央総合病院 リハビリテーション科に入職

心臓リハビリテーション指導士 / 3学会合同呼吸療法認定士 / 血管診療技師 / 下肢救済学会・足病学会認定士

 

【役員】

日本心臓リハビリテーション学会 評議員

 

【その他】

埼玉心臓リハビリテーション研究会代表世話人

埼玉作業療法心臓リハビリテーション研究会 副代表

Cardio parumonary network (CPN)参加登録施設 

 

【書籍】

内部障害に対する運動療法−基礎から臨床実践まで
Posted with Amakuri at 2018.10.7
古川 順光, 田屋 雅信
メジカルビュー社
学び、身につけ、実践へ! ! 心臓血管外科リハビリテーション―ゴールド・スタンダード
Posted with Amakuri at 2018.10.7
Cardiovascular surgery Physiotherapy Network, 高橋哲也
ヒューマン・プレス
  • Line
  • Hatena
最終回:結婚式直前での悲劇と後悔【榊 聡子先生】