PT・OT・STのための臨床研究・統計学のすすめ|相関と回帰(相関関係)

講師:鈴木 雄太 先生

九州栄養福祉大学 リハビリテーション学部

理学療法学科 助教

/ PT, PhD, JSPO-AT

  • Line
  • Hatena
PT・OT・STのための臨床研究・統計学のすすめ|相関と回帰(相関関係)

開催情報

主催
EPoch / 株式会社Rebel Flag(主催者の詳細情報を見る)
日時
2022年11月10日

20:00~21:30
定員
30人

受講料
4400円/1人
会場

オンライン

住所
オンライン

申込方法

弊社ホームページにてお申し込みをお願いいたします

こんなことを教えます

※本セミナーはアーカイブにて見逃し視聴が可能です。当日ご参加ができない場合もご安心ください。

※一括申込で単発受講よりリーズナブルに受講が可能(詳細はこちら)

リハビリの研究に必要な6つのコンテンツを網羅

EBP(Evidence Based Practice:科学的根拠に基づく臨床)という言葉は

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士なら誰しも耳にしたことがあると思います。

リハビリテーションの分野におけるEBPを展開するためには、

エビデンスの構築のための臨床研究の積み重ねが重要です。

学校での卒業研究依頼研究をしたことがない、

という臨床家の理学療法士や作業療法士、言語聴覚士は多いと思います。

“難しそう…”

“自分にはできない…”

そう感じる方も多いのではないでしょうか?

本セミナーは臨床研究をする上で必要な統計学の知識を学び

実際のセミナー中に臨床経験を実体験することができます。

統計解析の代表である相関と回帰を理解しよう

中学校の数学でy=ax+bという式を習ったと思います。

一次関数というやつです。

これは、xとyに一定の関係性があるということを示しています。

aとbがわかっていれば、xかyのいずれかが分かれば他方を知ることができます。

相関というのはそこまで断定的な話ではありませんが、昔習った数学で言えば近しい関係にあります。

相関が強ければ強いほど、グラフは一次関数のような直線状になります。

この機会に臨床研究と統計解析を克服してみませんか?

エポックオンラインセミナーのプログラム

相関と回帰の違い
対象者数と相関係数、p値の関係
相関に影響を与える交絡因子
Pearsonの相関分析とSpearmanの順位相関分析
統計解析の実際と結果の解釈

こんな方を対象としてます

受講料について

4400円/1人

申込方法

弊社ホームページにてお申し込みをお願いいたします

  • Line
  • Hatena
PT・OT・STのための臨床研究・統計学のすすめ|相関と回帰(相関関係)

おすすめのセミナー