明日から実践できる!! 脳卒中の評価と治療【上肢疼痛編】

脳卒中者の評価と治療に悩んでいませんか? 

明日から実践できる!!脳卒中の評価と治療の出版記念セミナーとなります!!
1度限りの開催です!!​


「上肢機能に悩んでいる」「肩の痛みに対して対応方法が知りたい」「姿勢評価ができない」「歩行に対する介入ポイントが知りたい」「車椅子の評価をしてみたい」「高次脳機能障害の統合と解釈がわからない」「リハビリ拒否があって離床が進まない患者に困っている」……など、新人・若手がよく悩む、脳卒中特有の問題を取り上げ、わかりやすく簡単に解説します!!

  • Line
  • Hatena
明日から実践できる!! 脳卒中の評価と治療【上肢疼痛編】

開催情報

主催
進リハの集い(主催者の詳細情報を見る)
日時
2023年01月21日

2023/1/21(土) オンタイムもしくはオンデマンド 1時間半
2023/1/22(日) オンタイム   1時間半

20:30-22:00
定員
50人

受講料
5980円/1人

●本編のみ受講(1章分・2回分):5980円 ペア割の場合:4980円
●​全編受講(7章分・13回分):19800円 ペア割の場合:18800円
*早割価格となります(10000円お得 12月15日まで)
*全編かつ早割申し込みが断然お得です(1回分につき1500円程度で受講可)
*通常価格29800円(12月16日以降)

会場

自宅などWi-Fi環境のある室内

住所
自宅などWi-Fi環境のある室内

申込方法

当団体HPよりお申込みください。

こんなことを教えます

片麻痺患者における疼痛の特徴
①疼痛の発生状況
②疼痛部位
疼痛における基礎知識
①BPSモデルによる痛みの捉え方
②痛みのメカニズム
③時間経過による神経プロセスの変化
④脳卒中者による疼痛に影響する要因
- 中枢神経系の障害
- 運動器の損傷
- 心理・社会的な問題
片麻痺患者における疼痛に関する病態
①疼痛に関わる全身状態
②異常運動パターン
③肩関節痛
- 腱板損傷
- 癒着性肩関節包炎
- 肩関節亜脱臼
④中枢性脳卒中後疼痛(central post-stroke pain:CPSP)
⑤複合性局所疼痛症候群(complex regional pain syndrome:CRPS)

疼痛に関連する評価の実際
①問診、観察
- 疼痛に関して
- 心理面に関して
- 個人特性・社会面に関して
②運動機能
- 共通評価
- 肩関節評価
③高次脳機能評価
④その他
上肢疼痛における治療の実際
①介入の原則
- 組織損傷が明らかな場合
- 慢性痛へと移行している場合
②介入準備
- 関係性構築
- 目標共有
③介入例
- 他動運動
- 自動介助運動
- 自動運動
④ADL介入
- ポジショニング
- 介助指導
- ADL練習
⑤患者指導

こんな方を対象としてます

PT/OT/ST/
柔道整復師/自由診療で働いているセラピスト

受講料について

5980円/1人

●本編のみ受講(1章分・2回分):5980円 ペア割の場合:4980円
●​全編受講(7章分・13回分):19800円 ペア割の場合:18800円
*早割価格となります(10000円お得 12月15日まで)
*全編かつ早割申し込みが断然お得です(1回分につき1500円程度で受講可)
*通常価格29800円(12月16日以降)

申込方法

当団体HPよりお申込みください。

  • Line
  • Hatena
明日から実践できる!! 脳卒中の評価と治療【上肢疼痛編】

おすすめのセミナー