【終了しました】セラピストのための足部・足関節の評価と靴の重要性|子どもや高齢者の靴

講師:中尾 純哉 先生

理学療法士 / 足育アドバイザー®

  • Line
  • Hatena
セラピストのための足部・足関節の評価と靴の重要性|子どもや高齢者の靴

開催情報

主催
EPoch / 株式会社Rebel Flag(主催者の詳細情報を見る)
日時
2023年01月21日

2023年1月21日(土)20:00~21:30【オンライン開催】

20:00~21:30
定員
30人

受講料
3300円/1人
会場

オンライン

住所
オンライン

申込方法

弊社ホームページにてお申し込みをお願いいたします

こんなことを教えます

※アーカイブ動画にて見逃し視聴が可能です。当日ご参加ができない場合もご安心ください。

===========================

あなたは高齢者の転倒理由に着目したことはありますか?

屋内や屋外を問わず履き物(靴やスリッパ)を利用している方も少なくありません。

確かにスリッパや突っ掛けは手軽で履きやすいかもしれませんが、

それらが一因で転倒されたという方もおられるのをご存じですか?

高齢者の転倒を考える上でバランス能力の評価は必須です。

足部の戦略や股関節の戦略を理解することで転倒理解をする必要があります。

それに加え、足部や靴の環境を理解することも重要なのです。

本セミナーでは足部の評価やバランス機能の評価と共に

靴の選定についてもどのように考えるべきかを学ぶことができます。

また整形外科疾患、中枢神経疾患の方に対してインソールや装具のことを考えている療法士の方にもおすすめです。

●●●理学療法士必見|バランス能力の評価と共に必要な靴の選定方法とは?●●●
足部の環境やアライメント評価はバランス能力の評価に必須の知識です。

その勉強と共に、靴の選定方法についても学んでみませんか?

整形外科疾患、中枢神経疾患の方に対してインソールや装具のことを考えている療法士の方も多いと思います。

そのような方々に対して、靴の構造や機能も理解することで

より良い転倒リスクの回避方法を提案できたり、

日常生活動作においても安全に動作を行える一助となる方法を学びませんか?

養成校や国家試験対策では靴のことはごくわずかの時間しか学ぶことはありません。

しかし私たち自身の生活においては靴を履いている時間はとても長いです。

靴の構造や機能は大きく変わることはない(スポーツ以外)ので

1度理解を深めることで、対象の方だけでなく自分自身の足を守ることができます。

足部の評価技術を学ぶとともに、靴の選定方法についても学んでみませんか?

●●●オンラインセミナーのプログラム●●●
足部・足関節の機能評価と解剖学
靴の構造や役割
子どもから高齢者までの足部や靴の特徴
足の計測
マジックテープと靴ひもの違い
靴の選定
靴の履き方、環境設定
足部、爪の基礎知識
実践例
簡単な実技を通して、靴の理解を深め体感する

こんな方を対象としてます

受講料について

3300円/1人

申込方法

弊社ホームページにてお申し込みをお願いいたします

  • Line
  • Hatena
セラピストのための足部・足関節の評価と靴の重要性|子どもや高齢者の靴

おすすめのセミナー