33

【予防】偏頭痛があると脳卒中のリスクは2倍に。頭痛体操とは?

910 views

昨今、療法士業界において予防分野に関心度が高くなってきている。

 

筆者も病院で働いているときに、疾患別でみると脳卒中患者さんが入院している方の中で一番多く、「脳卒中になる前になんとか予防できないものか」と地団駄を踏んだことがある。

 

糖尿病や、高血圧による脳卒中のリスクに関しては、皆さんご存知だと思うが、偏頭痛に関する情報は知っているだろうか?

 

■実際、片頭痛を持つ人は、そうでない人に比べ、脳梗塞のような脳卒中に2倍なりやすいことがさまざまな研究から分かっています。中でも、45歳未満▽女性▽喫煙▽ピルを服用-などはリスクをさらに高めます。

 

また、片頭痛が頻繁に起こることや、チラチラと光が見えるなどの前兆を伴う片頭痛も脳卒中のリスクとして挙げられます。

 

 片頭痛がなぜ起こるのか、詳しいことは分かっていませんが、脳の血管拡張とそれに伴う炎症によるのではないかと考えられています。

 

■1回2分程度の「頭痛体操」は、片頭痛の予防や痛みの緩和にも効果があるとされます。方法の一つは、正面を向き頭を動かさず体を大きく左右に回します。もう一つは肘を曲げ、肩を前後に大きく回します。

 

詳細を読む(引用元):産経ニュース

 

頭痛が治ると脳卒中のリスクが減るというわけではないが、片頭痛がある方には教えてあげてみてはいかがでしょうか。

 

もちろん、2分程度で簡単にできるので、ご自身でもまず試してみてくださいね!

 

合わせて読みたい

* 【脳機能が回復】今までの定説を覆す夢の新薬、2019年中にも実用化か

 

* 妊娠した女性の脳は"例外なく"物理的に変化する|Nature Neuroscience誌

 

<本記事は、※1著作権法第32条 を参考に、以下の部分に注意し、記事の引用を行なっています。>

1,引用文と本文の区分をはっきりする。引用文には、「blockquoteタグ」で囲うものとする。2,引用元の本文を全文引用しないものとする。3,引用文は勝手に編集(構成上略す場合を除き)、内容の変更は行わないものとする。4,引用文のみの記事構成にはしないものとする。以上.

※1(引用)著作権法第32条  公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。(文化庁:著作権なるほど質問箱

無料会員登録をする
        post        pc
Bnr
B

PR記事

インタビュー記事

Bnr 01