33

【アムール ヘルスケア ピラティス スタジオ 代表|理学療法士 福屋 愛美先生】

691 views

 

仕事をおもいきり楽しむために

 

―理学療法士になったきっかけを教えてください。

福屋先生:母は私を生む前に、大きな事故によって重傷を負いました。高校生の頃に進路を悩み、母に相談した時に、「私がこうやって普通に生活できるようになったのは、リハビリをしてくれた理学療法士さんのおかげ。いい仕事だと思うよ」と話してくれて、理学療法士という仕事を知りました。

 

母をこんなにまで元気にしてくれた仕事ってどんなものだろうと、インターネットで調べたり、実際に病院のリハビリ室へ見学に行きました。人の役に立てる、そして白衣姿もかっこいい!こんなに良い仕事は他にはないなと思いました。そして母が元気になれたように、自分も周りの人を元気にしたいなと思ったのがきっかけです。

 

―神戸のスタジオで活躍されているとお聞きしていますが、これまでどんな活動をされて現在に至るのですか?

福屋先生:卒後、「まずは回復期で経験を積みたい」という思いがあり、地元熊本を離れて兵庫県で回復期をメインにやっている病院に入職しました。様々な勉強会に参加していましたが、何かひとつ強みをもちたいと考えていた時にピラティスと出会い、自分の身体を整え引き締めるのにもいいなと思ってインストラクターの資格を取得しました。

 

レッスンを受けたり実践するうちに、姿勢が改善し、恥ずかしながら悩んでいた肩・腰・膝の痛みが改善して仕事も生活もかなり楽になりました。家族や友人からも、肩こり、腰痛がしんどい、ウエストしめたいからピラティス教えてといったリクエストをいただくことが多く、どうにかしてあげたいなと思うようになりました。

 

それから予防や美容の分野に興味が広がり、エクササイズ本を読んだり、ピラティスや美容系のセミナーにも参加しました。「治療」しか知らなかった私にとってとても新鮮で楽しい反面、「これって、PTがもっと良いものにできるんじゃないか」「障害予防ができるんじゃないか」と考え、勉強するうちに「予防」と「美容」をやってみたいと思うようになりました。

 

初めはかなり悩みました。でも、自分のやりたいことを実現して周りの人に楽しんでもらえたら、自分自身も最高に楽しくなりそうだなと思ったんです。

 

それで、病院を辞めて、今の世界に飛び込みました。

 

退職後は、2年ほど別のスタジオで経験を積んだ後、ピラティススタジオ(アムール ヘルスケア ピラティス スタジオ)を立ち上げました。

 

 

相手にも自分にも向き合い、笑顔でいられること

―ヘルスケアの世界で働くことの難しさはありますか?

福屋先生:全てが「自分次第」なところでしょうか。そこが難しく、楽しいところでもあると思います。

 

病院勤務の頃と違って、病院やドクターの名前でお客さんは来てくれませんし、もちろん固定給やボーナスといったものもありません。自分のファンをつくって集客していかなければいけません。お客さんが来なければ、やりたいことはできませんし、売上もなくなります。

 

1回1回のレッスンはもちろんのこと、接客、プラン、環境設定、そして自分の容姿や性格まで、すべてがお客さんからの評価対象になるので気を抜けませんね。美と健康を謳っていますので、自分自身でも美と健康を目指して身体づくりを日々欠かさずやっています。

 

自分が努力した分お客さんの気持ちもわかりますし、自分が明るく健康でいればお客さんにも元気を与えられると思うので。

 

―自分のスタジオを持ちたいと思ったきっかけは?

 

福屋先生:お客さんの美と健康を支える上で、一人一人とじっくり向き合う空間がほしかったからです。最近ではピラティススタジオも増えてきていますが、どうしても運動の提供しかできないことがあります。

 

大きなスタジオに何十人ものお客さんを入れて、一人のインストラクターがお手本をみせると後は手をたたいて号令をかけるだけ、といったレッスンを経験したことがあります。

 

「ピラティスは筋トレか?」

 

レッスン後には、ただただ筋肉痛が残っただけでした。うちに通われるお客さんの中でも、○○のスタジオに行ったけど何をしているか分からなかったとか腰が痛くなったから辞めてきた、という方も多くおられます。

 

そうではなくて、理学療法士として患者さんと向き合うように、お客さんにも的確な評価とアプローチを提供し、確実に身体の変化を感じていただきたい。その中で、お客さんが笑顔になって帰っていく、また通う度にどんどん元気になっていく姿を見守りたい。

 

そうすると私自身も最高に楽しいので。それを形にしたいと思ったのがきっかけです。

 

 

―具体的なレッスン内容を教えてください

福屋先生:ピラティスのプライベートレッスンと少人数制のグループレッスンを中心に行っています。

 

プライベートレッスンでは、肩こりや腰痛など不調の改善目的からダイエットや美脚など美容目的の方までおられますが、基本的にはカウンセリングと姿勢や動作の評価に基づきアプローチを行います。

 

目標達成に向けて、生活指導、自主トレーニングの指導、必要に応じて食事のアドバイスも行っています。

 

グループレッスンでは、複数の方が受講されますが、単に出来合いのプログラムをこなすのではなく、その日の参加者のレベルや状態をみて、オーダーメイドのレッスン展開をしています。

 

自己管理能力をつけていただきたいので、「患者教育」をするように知識面についてのトークを組み込みながら進行します。

 

―先生のスタジオでレッスンのオーダーメイド化をする秘訣があれば教えて下さい。

福屋先生:よく会話する、よく見ることです。

 

雑談でも悩み相談でも、お客さんが話をしやすい自分とスタジオの雰囲気づくりを心がけています。とにかくよく話して、お客さん一人一人の求めていること、感じていること等を把握します。

 

そして患者さんがリハ室に来た時から評価といわれるように、お客さんがスタジオに来られた時から評価しています。それらをレッスンに反映しています。

 

 

Fun to work.

―ウーマンズヘルスケアフォーラムではどういったことを講演される予定ですか?

福屋先生:「予防が大事」というのは、周知の事実ですが、実際に一次予防で活動している療法士は少ないのが現状だと思います。ですから、実際に実践している立場から、どんなお客さんが来て、どんなニーズがあって、どんなアプローチをしているのか、という部分をお話しさせていただこうと思っています。

 

それから、私自身もそうでしたが、医療従事者自身が不調を抱えていることって多いと思うんです。ですから、対象者にも参加者ご自身にも生かせるような評価やアプローチをご紹介できたらと思っています。

 

―こういう領域に進みたいと思っている療法士さんに何かメッセージをお願いします。

福屋先生:よくご相談を受けますが、悩んでいる方が多いですね。私もかなり悩んで決めましたし偉そうなことは言えませんが、まずは行動を起こすことが大切だと思います。

 

例えば、セミナーに参加したり、お客としてレッスンを受けに行ってみるのもいいと思います。そして、先を行く方に話を聞くのも大切ですね。

 

私の場合は、大変ありがたいことに全国で活躍されている母校の恩師や先輩方にいろいろとアドバイスをいただきました。また予防医学のためにすでにご活躍されている先生方のセミナーを受けたり、資格を取りにいきました。そうすることで、何もないところから繋がりができていきました。

 

実際に活動していて、一次予防の必要性を身に染みて感じています。ですから、同じような活動をされる方が増えてほしいと思います。

 

―先生にとってプロフェッショナルとは?

福屋先生:

自分、そして相手の目標達成に向けて努力し続ける人だと思います。

 

福屋先生オススメ書籍

 

コメディカルのためのピラティスアプローチ
Posted with Amakuri
中村 尚人, 笠原 可奈子
ナップ
売上げランキング: 195941

 

 

福屋 愛美先生のプロフィール

<略歴>

・平成20年 西日本リハビリテーション学院卒業

・同年 医療法人仁寿会石川病院入職

・平成26年 退職

・同年 ピラティススタジオSkywalk 入職

・平成27年11月 退職

・平成27年12月 アムール ヘルスケアピラティススタジオ 開設

 アムール ヘルスケアピラティススタジオ 代表

 メディカルフィットネス ムーブ 代表

 ボディワークスタジオ ヨガリンクス 非常勤講師

 訪問看護ステーションひより 非常勤 理学療法士

<資格>

理学療法士

ファンクショナルローラーピラティス ミドルインストラクター

マタニティファンクショナルローラーピラティス インストラクター

PHIピラティスマットⅠ&Ⅱインストラクター

エボリューションウォーキングインストラクター

 

福屋先生ご登壇情報!

【福岡開催】2017年11月26日 ウーマンズヘルスケアフォーラム2017

セミナーのアイキャッチ

《概要》

日時:2017年11月26日(日) 9:00~17:00

料金:
プレミアム席→¥18,800
A席→¥16,800
B席→¥14,800
※全て税込みの値段です。

会場: 南近代ビル(JR「博多駅」よりバスで5分)

定員:350名

無料会員登録をする
        post        pc
Bnr
B

PR記事

インタビュー記事

Bnr 01