【國澤洋介先生|理学療法士】共感は絶対にできない

  • Line
  • Hatena
304 posts
治療と緩和ケアのオーバーラップ 國澤先生 理学療法においても、ある程度改善が期待できる時期から緩和的な考え方、今後の機能や活動能力の低下を想定した情報提供や配慮を行う必要があるということです。   患者さん本人は当然良くなると思って治療を行っているものです。そう思っていただいていい訳ですが、...

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録すると、月1本のプレミアム記事が閲覧可能です。

無料会員登録すると、
月1本のプレミアム記事が閲覧可能です。

無料会員登録する
  • Line
  • Hatena
【國澤洋介先生|理学療法士】共感は絶対にできない
43180
43153

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01