日常の中で無意識に働く必要のある機能はたくさんあると思います。その中で例えば足部内在筋であったり、荷重感覚(脊髄小脳路)、下肢の固有感覚などに対してはどのようなアプローチが有効になるのでしょうか。

またこの場合のセラピストの介入による反応として、患者様に口頭(どのように感じるか、など)でフィードバックを求めるよりも、ハンドリングや姿勢の変化など客観的な変化が重要になるのでしょうか。

二点教えていただければ幸いです。

回答0

回答する

回答するにはログインが必要です。
ログインはこちら
line@
43177
43165

PR

Articles

Bnr 01