療法士の転職は夏が良い理由!

【全額返金保証付き】セラピストのためのリハビリに活かす血液・生化学データの読み方と臨床応用 ~炎症、感染症、貧血のリスク管理と運動負荷設定を中心に~ 講師:鈴木啓介先生

【全額返金保証】
内容にご納得いただけない場合は、料金を全額返金いたします。

ーーーーーーー

◇こんな悩みを持つ方にオススメ
✅血液・生化学データの知識が乏しい
✅血液・生化学データの活かし方が分からない
✅データをどう解釈していいか分からない
✅他職種とディスカッションできていない
✅データ結果と運動療法を繋げられていない

【全額返金保証付き】セラピストのためのリハビリに活かす血液・生化学データの読み方と臨床応用 ~炎症、感染症、貧血のリスク管理と運動負荷設定を中心に~ 講師:鈴木啓介先生

開催情報

主催
一般社団法人セラピストフォーライフ(主催者の詳細情報を見る)
日時
2024年08月31日

14:00~16:00
定員
100人

受講料
3000円/1人

メルマガ会員:3,000円
※メルマガはHPから登録して頂けます

会場

自宅受講

住所
自宅受講

申込方法

申し込みは以下のURLより行って頂けます
https://therafor.com/seminar/383/

ホームページ

https://therafor.com/

こんなことを教えます

【血液・生化学データのリハビリへの活かし方が分からない方へ】

今回のテーマは、セラピストが苦手とする代表例の一つだと思います。

内部障害のみならず、リハビリテーションに関わるセラピストであれば、必ず押さえておきたいテーマでもあります。

そこで今回は、全4回でセラピストに必要な知識(特にリスク管理。医師や看護師との意思疎通がスムーズになります)について、一気に学んでいただける機会を作りました。

これを機に必要な知識を頭に叩き込んでみてはいかがでしょうか。

ーーーーーー

■講義内容

1.血液生化学データを読み解く必要性
2.検査値を解釈するためのヒント
3.炎症時のWBCと好中球、CRPの関係性と解釈方法
4.負荷量を上げるタイミング
5.CRPとALBの関係性と解釈方法
6.様々な感染における検査値の見方
7.感染症のまとめ
8.貧血時のRBC、Ht、Hbの関係性と解釈方法
9.低Hb時のリスク管理方法
10.貧血の原因をMCVから予測する
11.Fe、フェリチン、TIBC、UIBCの関係性と解釈方法
12.貧血時の生活指導
13.貧血のまとめ

ーーーーーー

■アンケート

(PT7年目:満足度9/10点)
ただ炎症が起きているから、貧血が起きているからと運動負荷をあまりかけないだけではなく様々な血液データの意味を知り時系列で追うことでそれぞれの患者様に効果のある運動強度の設定ができると知り勉強になった。

(PT11年目:満足度10/10点)
自律神経障害の患者では起立性低血圧以外にも運動時にバイタルの変動が生じにくいこと、術後の高血糖が生じるメカニズムやどうして術後高血糖が良くないのかがわかったため、臨床でも生かせそうだと感じた。

(PT10年目:満足度10/10点)
凝固、線溶系のデータは難しく、自分でもなかなか勉強できていなかったが、それぞれのデータにどんな意味があり、どのような場面で検査さされ、用いられるのかがわかって良かった。

当日の流れ

講師:鈴木啓介先生(岐阜保健大学 リハビリテーション学部理学療法学科 講師)

・平成21年:磐田市立総合病院
・平成25年:聖隷クリストファー大学大学院 博士前期課程修了(修士)
・平成28年:聖隷クリストファー大学大学院 博士後期課程修了(博士)
・平成28年:国際医療福祉大学 小田原保健医療学部 理学療法学科 助教
・平成28年:国際医療福祉大学付属熱海病院 非常勤
・平成29年:国際医療福祉大学大学院 保健医療学専攻 理学療法学分野 基礎理学療法領域 助教
・令和2年:国際医療福祉大学 小田原保健医療学部 理学療法学科 講師
・令和3年:岐阜保健大学 リハビリテーション学部 理学療法学科 助教
・令和4年:岐阜保健大学 リハビリテーション学部 理学療法学科 講師

〇主な論文
・Co-contraction of lower limb muscles affects gait instability in patients with diabetic peripheral neuropathy. Japanese Journal of Physical Therapy for Diabetes Mellitus, 1(1), 20-30, 2022.
・Relationship between maximum calf circumference and body composition in type 2 diabetic patients. Gifu University of Health Sciences Journal, 3, 14-19, 2022.
・Effect of exercise using sound stimulation on gait function of patients with diabetic peripheral neuropathy: A randomized controlled trial. Open Journal of Therapy and Rehabilitation (OJTR), 7, 79-91. 2019.
・糖尿病性末梢神経障害合併2型糖尿病患者の身体活動量の特徴と運動を行わない理由の調査.プラクティス,35巻2号 214-220,2018.
その他40本以上

こんな方を対象としてます

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 など

受講料について

3000円/1人

メルマガ会員:3,000円
※メルマガはHPから登録して頂けます

受講する際は以下をお読み下さい

(持ち物と服装について)
WEB環境
筆記用具

申込方法

申し込みは以下のURLより行って頂けます
https://therafor.com/seminar/383/

ホームページ

https://therafor.com/

【全額返金保証付き】セラピストのためのリハビリに活かす血液・生化学データの読み方と臨床応用 ~炎症、感染症、貧血のリスク管理と運動負荷設定を中心に~ 講師:鈴木啓介先生

おすすめのセミナー