【会社員・主婦・学生アスリート・高齢者の方にもおすすめ】リアラインコンセプトの紹介:加藤 伸幸先生

  • Line
  • Hatena
711 posts

【このセミナー参加したいな。と思ったら、いますぐ画像をクリック!!】

 

これまでのあゆみ

平成8年に柔道整復師免許取得後、脳神経外科リハビリテーション 科・整形外科リハビリテーション科 科長を経て、平成19年独立開業 し、平成26年に法人化しました。

治療をしていて、症状が改善した方でも元通りの生活に戻した途端に症状が再発する方が多く、日常生活指導といっても活動制限をする か、痛みのでる部位を鍛えるトレーニングくらいしかできませんでした。

自分自身が納得できる治療を模索していくなかで、リアラインコンセプトと出会い現在はリアライン・インストラクターとなり、施術・運動指導をしています。

 

リアラインコンセプトとの出会い

柔道整復師免許取得し、脳神経外科リハビリテーション科に勤務していた頃、蒲田先生の「症候群という捉え方」という雑誌での連載に衝撃を受けたのが一番最初のきっかけです。

考え方やアプローチの方法論が非常にシンプルで理解しやすく、患者さんへも簡潔に説明でき、結果も出ましたので当時からこの理論を 軸に研鑽していきたいと考えていました。

その後数年経過し、蒲田先生がセミナーをしていることを知り、リアライン・ コア発売前に行われた認定講習会を受講しました。

その際、リアライン・コン セプトをより深く学びたいと考えCSPTを受講し、認定制度の説明を受けてカリキュラムを終了して認定に至りました。

 

GLAB製品の実際の使用例紹介

多くの先生方が、リアラインデバイスをトップアスリートに使用し十分な効果を出しています。

トップアスリートで効果があるものは当然ADLレベルでも効果があるはずですので、当院では一般の会社員・主婦・学生アスリート・高齢者の方にもリアラインデバイスを使用しています。

レントゲンで異常がない、年齢によるものと諦めていた症状に対して、リアライン・コア、レッグプレス、バランスシューズを使用して理想に近い関節運動を獲得することで症状の軽減・消失することを実感してもらっています。

スポーツをされる方にはもちろんのこと工場などでの立ち仕事の方にもリアライン・インソールをお勧めすることが多く、ご満足頂いています。

 

リアライン認定トレーナー募集!

認定トレーナーは様々な舞台で活躍されています。皆様もリアラインコンセプトを学び、認定トレーナーを目指しませんか?

関節疾病予防学とは「身体のゆがみ」の解消をテーマとし、生理学・姿勢学・バイオメカニクスを起源とした運動療法としての関節学の新領域の研究です。

リアライン認定トレーナーに関する詳細はこちらから。 ↓ jswpm_L

 

加藤 伸幸 先生ご経歴

平成8年3月 米田柔整専門学校卒業

平成8年4月~医療法人ディスニック 浅井外科 リハビリテーション科

平成14年5月~医療法人かとう整形外科リハビリテーション科 科長

平成19年11月 日だまり接骨院開院
平成26年6月 株式会社Conditioning hidamari設立
平成28年1月 リアライン・インストラクター認定

 

【リアライン・コンセプトをご紹介くださりました先生方】

星 賢治先生

村木 聡一先生

真木 伸一先生

入江 広志先生

海老原 隆仁先生

前田 克史先生

安井 淳一郎先生

後藤 玄先生

谷本 卓也先生

延原 雅代先生

山内 弘喜先生

貞清 正史先生

能 由美先生

根地嶋 誠先生

神鳥 亮太先生

伊礼 健太朗先生

加藤 伸幸先生

 

【リアライン・コンセプト関連記事】

足のアライメントを整え、既成靴に足をフィットさせる技術-リアライン・フット資格制度が始まる-

理想的な体幹をつくる「リアライン・コア」の効果を視覚化するフォースプレート内臓の「リアライン・コア・プロ」を発売

理想的な関節運動や筋機能を獲得して、理想のスイング習得に導く「リアライン・ゴルフ」

膝の捻じれを整えることに特化した「リアライン・レッグプレス ver.2」を近日発売

リアライン・インソール・スポーツ

  • Line
  • Hatena
【会社員・主婦・学生アスリート・高齢者の方にもおすすめ】リアラインコンセプトの紹介:加藤 伸幸先生