麻痺側からのスーパーダイブ!トランスファーで必要なのは…【東京病棟ストーリー第4話】|川田章文先生

  • Line
  • Hatena
3234 posts

 

プッシャー症候群は◯◯な感覚!?<<前回の内容

 

トランスファー練習。非麻痺側よりも麻痺側から

リハ室もなんとか軽介助で歩けるようになり、さて転院です。

 

急性期を振り返ると、よく転倒しました。

 

トイレ、お風呂、ベットサイド等々。ありとあらゆる所で。日が経つにつれて転倒の回数も増えました。

 

でも、この時の対応でスタッフのレベルも分かりました。

 

2流の人は、「1人でやっちゃダメですよ!次はナースコール絶対押してくださいねー」

 

普通の人は、「困りましたねー。リハビリでしっかり練習してからにしましょうねー。」

 

1流の人は、「次は転ばないように、今、練習しましょう!」でした。

 

好きで転ぶ人はいません。僕の場合は、術後、注意障害もありましたが、ほとんどの場合、ダブルタスク時の転倒でした。

 

ある程度、転倒原因はみんな分かると思うんです。

 

あと、片麻痺になりつくづく思いましたが、非麻痺側よりも麻痺側からのトランスファーの練習の方が圧倒的に必要と感じました。

 

片側からのトランスファーしか出来ないと入院時も自宅退院時も生活の範囲が凄く限定されてしまうのですね。

 

だから、僕は、麻痺側からのトランスファーを相当練習しました。

 

 12/14 転院

最初に救急搬送された病院に転院になります。

 

ここには、以前から親交があった先輩PTと大学の後輩PTがいます。転院が決まる前から逐一報告はしておりましたので、話が早いです。 さて、私の担当は先輩PTです。初期評価です。

 

評価に一切ムダがありません。同性ですが、胸がキュンキュンしちゃいます。

 

最後に、「転倒、転落をするとナースにマークされてストレス溜まりますから、どうかご注意を」と言われました。

 

そして、転院初夜、指示もされてない自主トレーニングをベット上でしていて、麻痺側肩から、スーパーダイブです。

 

絵に描いたような100点満点の大転落です。

 

翌日、担当先輩PTはニコニコして、「それだけ、早く家に帰りたいんですよね。うんうん。そういう人は治りも早いですから。ただ川田さんはPTだからね。安全安心にね」と頭なでなでされながら、ビンタされた感じでした。

 

急遽、自宅退院が決まる

そ翌日に、急遽自宅退院が決まったのです。 

 

主治医が部屋にやってきて、「川田さん、自宅で生活出来そうですか?」と聞いてきます。男らしくひとつ返事です。「出来ます!」と。

 

Dr.「でも、リハビリが必要ですねー」と。ナースとごにょごにょ相談をしています。

 

Dr.「川田さんの場合、制度上、回復期病院で入院でのリハビリは難しいので外来で通えそうですか?」と。

 

これまた、ひとつ返事。男らしく!

 

「はい!バスかタクシーで通います!」と。

 

Dr.「誰と通うのですか?」

 

「妻。もしくは1人で」

 

Dr.「わかりました!話を進めますね」 キーパーソンである妻と全く相談なしで決めてしまいました。

 

病院は、自宅から、タクシーで10分くらいのリハビリでは全国的にも凄く有名な病院です。

 

本校の実習先でもあり、僕はこの病院は、日本一だと思います。

 

だから、無理言って、退院後のフォローをお願いしました。なんといっても大学の信頼出来る先輩がいます。

 

てか、この時点で僕は病棟内はまだ車椅子移動であり、全く歩けていません。

 

それどころか、トイレのトランスファーもまだナースの見守りが必要です。 そして、しばらくして、主治医がまた病室に。

 

「自宅退院は、12/19でいきましょう!」と 退院まで、あと4日です。

 

どう考えても間に合いません。

 

ここから怒涛の1人退院時指導が始まります。


次のページ>>いよいよ退院!そして新たなチャレンジが始まる…

 

川田章文先生経歴

経歴:

平成10年 茨城県立下妻第一高等学校卒業

平成14年 国際医療福祉大学保健学部理学療法学科卒業

同年          栃木県厚生農業協同組合連合会 下都賀総合病院リハビリテーション科入職

平成15年 筑西市民病院 リハビリテーション科入職

平成20年 筑西市民病院 総務課へ異動(院長秘書、医師人事等)

平成23年 学校法人アゼリー学園 東京リハビリテーション専門学校 入職

平成27年 アゼリーグループ 一般社団法人 未来創造研究所

主任研究員/人材育成コンサルタント

現在に至る

学校法人アゼリー学園 東京リハビリテーション専門学校

http://tokyo-reha.azalee.or.jp/

一般社団法人未来創造研究所

http://mirai.azalee.or.jp/

医療と介護 人材育成コンサルタント川田 ブログ

「ワクワクする現場育成」

http://ameblo.jp/mirai-soken-kawata/

医療と介護人材育成コンサルタント川田 メルマガ

「失敗する人材育成」とある経営者からの話

http://www.mag2.com/m/0001670418.html

facebookページ

チームビルディング総合研究所

https://www.facebook.com/teambuilding.soken

youtube

https://www.youtube.com/watch?v=hJeJPOhvhkw

  • Line
  • Hatena
麻痺側からのスーパーダイブ!トランスファーで必要なのは…【東京病棟ストーリー第4話】|川田章文先生
Orange and white funny dating animated presentation  1
%e5%b0%8f%e5%85%90%e3%83%aa%e3%83%8f

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01