【全国大会4連続優勝チーム】ジュニアユース育成プロジェクトの中心に理学療法士の存在が

5632 views
無料会員登録をする

ジュニアユースの全国大会「JFAプレミアカップ2017」がゴールデンウィークに行われ、今年も清水エスパルスジュニアユースが優勝した。

 

その勝ち方は昨年のチーム以上に圧倒的で、特に球際の強さ、相手選手からボールを奪う力が際立っていたという。

 

果たしてその強さの秘密はどこにあるのだろうか。

 

そこには、理学療法士の資格を持つ齋藤佳久トレーナーによる「姿勢」に対する取り組みが中心に行われている。

 

■「すべての動作のスタート地点として、身体の基本姿勢が正しく整っていなければ、効率の良い動きはできないと思います」(齋藤)

■学校で授業を受けているときの座り姿勢や歩いているときの姿勢といった日常の姿勢に始まり、プレー中も姿勢について細かく指導している。それも単純に背筋を伸ばすということだけでなく、骨盤の前傾や重心の位置などにも指導が及ぶ。

詳しく読む(引用元):Sportsnavi

 

姿勢や動きに対する意識が低いと、当然怪我のリスクも高くなる。

 

2015年3月にチームに着任された際に齋藤佳久トレーナーは衝撃をショックを受けたそうだ。

 

身長もそんなに大きくない上に、学校の体力テストでは平均以下、握力やボール投げなど上半身の筋力測定も平均以下の選手がいる。「これで本当に大丈夫か?」という不安が頭をよぎった。

詳しく読む(引用元):Sportsnavi

 

ジュニアユース世代の身体に対する教育は、まだまだ不十分であり、逆に言えば理学療法士の専門性が必要とされている。

 

まだまだスポーツ領域においても理学療法士は必要とされており、興味のある方はアクションを起こしてみては?

 

未来のサッカー日本代表選手を支えるのはあなたかもしれない。

 

合わせて読みたい

詳しくはこちら>>https://1post.jp/2193

 

1,引用文と本文の区分をはっきりする。引用文には、「blockquoteタグ」で囲うものとする。2,引用元の本文を全文引用しないものとする。3,引用文は勝手に編集(構成上略す場合を除き)、内容の変更は行わないものとする。4,引用文のみの記事構成にはしないものとする。以上.
<本記事は、※1著作権法第32条 を参考に、以下の部分に注意し、記事の引用を行なっています。>

※1(引用)著作権法第32条  公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。(文化庁:著作権なるほど質問箱

無料会員登録をする

Bnr 01

Prs

Interviews