【疼痛“部位”の評価】描画法で痛みを解釈するポイント

4340 posts

痛みの感覚的側面を言葉のみで表現するのは、そもそも痛みが主観的であり口頭での報告では難しいことが挙げられます。そのため痛みの描画法が用いられており、描画法(pain drawings)は、口頭での説明より焦点が絞れるため信頼性が高まるとされています。

...
【疼痛“部位”の評価】描画法で痛みを解釈するポイント

Popular articles

PR

Articles