4度の語学留学 苦難の路を乗り越え、遂にDPT留学の切符を掴む【須賀康平】

  • Line
  • Hatena
595 posts

ー 須賀さんは今年9月からロマリンダ大学臨床博士課程留学されるそうですね。アメリカ留学にはいつから興味を持ったんでしょうか?また、なぜアメリカの大学院を選んだんでしょうか?

 

須賀大学2年生の時、「日本に良い運動療法の教科書がない。」ということで、Therapeutic exerciseという英語の教科書での授業を受けたことがきっかけで、海外で学ぶことに興味を持ち始めました。その後、一年目の時に参加した全国学会で、海外で学ばれた先生のお話しを聞き、何らかの形で海外で学びたいと思うようになりました。

 

留学に関しては、いわゆる「夢のアメリカへ!」みたいな感じで留学するのではないです。他にも何かに特定の分野に特化したコースで学びたい気持ちもありましたが鑑別診断(原因の同定、危険疾患の可能性を除外をする)を学びたかったのと、アメリカの博士課程教育に興味があり、それらを優先しました。

 

学生の標準レベルが高いアメリカの臨床博士課程で学べば、日本の今後の課題とかも見えてくるんじゃないかと思ったのもあります。

 

ロマリンダ大学を選んだのは、TOEFL(英語力試験)やGRE(アメリカの大学院入試用の試験)の結果、就労のためのビザ関係やアメリカの理学療法士免許取得の科目単位の取得を考えた時に、色々融通のきくカリキュラムだったからです。ただ行くだけでは成長しないし、結局は努力次第ですから、初めの一歩が次につなげやすいということで選びました。

 

ー アメリカ以外の選択肢はありましたか?

 

須賀最初はオーストラリアに行きたかったんですけど、オーストラリアでは理学療法士免許を取ろうと思うと学士に入り直すのが基本です。修士の課程にもコンタクトを取ったことがありますが、もともと免許を持っている人は受け入れなかったり、要件が高すぎるなどがありました。他にもカナダの理学療法士免許取得のためのコースも検討しました。

 

学士に入り直すにしても英語力でIELTS7.0とTOEICで言えば満点に近いレベルが要求されます。江戸さんなどが通われたカーティン大学はブリッジングといって先に語学学校に所属してその中の試験をクリアすれば入学が許可されるシステムもあったようですが、現在ではなくなっているようです。

 

当時ブリッジングを使えばなんとか大学の学士に入学できたりした可能性もありました。しかし、かなりの時間を費やしてまで、学士課程から学ぶというのはせっかく日本で修士を取っていたので自分の中でその選択はちょっと違うかなと思いました。それで、博士課程での臨床教育を受けられるアメリカが一番しっくりきたというのがあります。

 

ー 英語はどうやって勉強してきたんですか?

 

須賀もともと海外留学は決めていて、臨床7,8年目くらいに英語の点数が届けば行こうと継続してきました。

 

オンライン英会話の25分のレッスンは3-4年かけて1300回くらい受けましたね。あとは、TOEFLの40時間くらいの動画を見て学ぶコースも聴講しました。それは、4ヶ月で約4万円くらいするんですけど、それだけのお金を払えば必死に勉強するかなと思ってやっても、復習しながらやると、全然終わらなくて。結果的には、3回そのコースを購入することになりました。それでも、大学院留学に必要だとされる点数には届かなくて、集中して学ばないとダメだと思い、フィリピンのセブ島に1カ月語学留学に行きました。結局、セブ島に1カ月、バギオに合計6ヵ月行って勉強しました。

 

写真:フィリピンバギオ留学中の個別教室

 

一度目のフィリピン留学が終わった後にニューヨーク大学を受験したんですが、落ちてしまい、それでフィリピンへ2ヶ月間、2度目の語学留学へ行きました。それでさすがに合格最低ラインに届くだろうと思ったら、TOEFLテストがあと2点足りなくて。3度目のフィリピンに行くことにしました。

 

3度目、2カ月半の留学の終わり頃に受けたTOEFLが、実はあまりいい点数が取れた気がしなくて。たぶん人生で英語だけ勉強するのは今しかないなと思って、結果を見る前に1カ月半さらに滞在することに決めました。実際は3度目の留学時にTOEFLで90点を取ることができましたが、一度日本に帰国した後に4回目、フィリピンへ戻って1カ月半さらに勉強しました。

 

その後もTOEFLは受け続けていて、あわよくば他の大学に行こうとも考えていたんですけど、それから点数が伸びなくて90点で出願することにしました。ロマリンダ大学は、80点とそこまで英語の点数が高くなくてもいけるのですが、唯一修士の学位を考慮して18ヵ月の課程を11か月に短縮して臨床博士の学位を取得できるという利点もあり選びました。そこには決めたんですけど、今後も見据えて受験した合最後のTOEFLでは93点まで届きました。

 

ー 11ヶ月だけでDPTを取得できるんですか?

 

須賀アメリカは大学4年間でその理学療法学科に進学するために必要な科目を取得した学生の中で成績がいい人が、専門職理学療法博士課程(DPT:Doctor of Physical Therapy)へ進学して資格を取得するします。それがおよそ3年前後の課程です。私は、日本で修士課程は終わっているのと理学療法士免許を取得しているのでアメリカのDPT課程と照らし合わせて、足りていないであろう科目を受講すればDPTの学位を取得できるイメージです。

 

なので、Entry level DPT course (大学卒業後の3年間のコース)ではいわゆるROMやMMTといった基礎から学ぶ過程となりますが、私はPost professionalといって理学療法士免許取得後の人が取る応用部分を主に学ぶ臨床用のコースです。

 

ー DPTを取得すると、そのままアメリカで理学療法士として働くことができるんですか?

 

須賀修士以上の学位(望ましくは博士)、Visaおよび国家試験に必要な単位数と科目が揃っている、州によってはTOEFL 89点以上でスピーキングが24か26/30点、これらが全て揃って国家試験を受ける土台にやっと立てます。(申し込む州ごとで若干内容が異なる)。なので、DPTを取得しているからといって国家試験が受けられるわけではありません。今後修士課程以上が終わっていて、かつ就労ビザを取得するには、相当量の単位数が埋まっている必要があります(2020年までに全てのアメリカ理学療法士をDPTするという声明があったこともあり、2020年に取得必須単位数の増加とTOEFLの義務化が予定されていました。しかし、それは2022年に延期されました(2019年7月現在)。

 

ー 今後の須賀さんのキャリアプランを教えてください。やっぱり、教授とかを目指すんですか?

 

須賀親しい大学の先生方から、会議や雑務の拘束が多くて大変ということをよく聞いているのもあって、できれば非常勤講師等の立場で教育に関われたらうれしいなとは思っています。というのもニューヨーク大学を見学させてもらったときに、ある先生は半日臨床、半日研究、時々ニューヨーク大学で非常勤講師という働き方をしていると聞いて、全ての分野が好きなのでそういう働き方が理想ですね。

 

日本に戻ってくるかもよく分からないですけど、戻ってくるとしたら、その時の選択肢で考えていたのが自分で自費リハビリのようなビジネスをやるか、もう1つはメディカルツーリズムをやっている病院で、英語が喋れて、博士の学位を評価してくれるところで働くか、あとは大学で何らかの形で働くという3つなのかなと考えていました。

 

今行っている自費リハビリの部分の関して、病院だと、病院が患者さんを呼んできてくれるので、技術を求めてクライアントさんが来ることはあるのか?ということに興味があって始めました。それだけでは来ないという仮説だったので、それを確かめることができて良かったと思っています。

 

また、個人事業主になっておくと奨学金など資金源が全て絶たれても、新規事業者に対する融資という形で資金を確保することができます。仮説を確かめてみたかったのと今後のこと、あとは次につながる道が絶たれないように考えて事業を始めたという感じです。アメリカに関しても自分は、「アメリカの理学療法が全てすごい」と思って留学する訳ではなく。日本で教育されていない部分等、自分で学んでみて本当に日本より優れている学んできた方がいいところはどこか?自分の目で確かめたいと思っています。

 

例えば、アメリカで出された論文で2週間後に腰痛が95%改善するという「クリニカルプレディクションルール」があったりします。私がいた病院の環境ではその介入の対象にならない時期の方がほとんどでした。なので、いくらある環境の中ではすぐれた知識でも違う環境にあった時に最適なわけではないと思います。

 

アメリカは日本と比べて教育によって最低限の理学療法の質を高いレベルに保っていると思います。どのような教育の仕方でそのレベルを保っているのかにすごく興味がありますし、自分が今後働いていく環境で役に立つことを学べるのをとても楽しみにしています。

 

オススメの書籍

脳から見たリハビリ治療―脳卒中の麻痺を治す新しいリハビリの考え方 (ブルーバックス)

須賀:この本を大学2年生の時に読んで脳梗塞の方へのt-PAを知り、その中で機能再建にはどんなに神経を保護、修復できたとしても再学習にはリハビリテーションが必要と記載がありました。理学療法士として理学療法を行い、、対象者のリハビリテーションの助ける重要な仕事なんだと認識できたので印象に残っています。

 

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語  (NewsPicks Book)
田中 修治
幻冬舎 (2018-09-05)
売り上げランキング: 1,834

須賀:破天荒フェニックスに関しては山形に著者の方に来てもらって講演もしてもらいました。誰も他人の失敗に何てそこまで興味ないからもっとチャレンジした方が良い、そのあとに残るものが必ずあるという言葉が印象的でした。書籍内では多額の借金に屈せずに会社を立て直した物語が書いてあり、多額の費用をかけて留学をするので勇気づけられました。

 

ー 最後に須賀さんにとってのプロフェッショナルとはなんですか?

 

須賀:自分の持っている力をそのときに最大に発揮する、向上心を失わない人ですね。

 

【目次】

第一回:理学療法士として成長するための道のり

第二回:4度の語学留学 苦難の路を乗り越え、遂にDPT留学の切符を掴む

 

須賀康平先生プロフィール

平成21年 山形県立保健医療大学保健医療学部理学療法学科卒業

      済生会山形済生病院入職

平成25年 山形県立保健医療大学大学院保健医療学研究科保健医療学専攻修士課程卒業

平成30年 Physical Conditioning IKI

令和元年 9月 ロマリンダ大学Post-Professional Doctor of Physical Therapy course (prior master’s)入学予定

 

  • Line
  • Hatena
4度の語学留学 苦難の路を乗り越え、遂にDPT留学の切符を掴む【須賀康平】
43180
43165

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01