はじめまして、1年目PTです。
症例発表で行き詰まっています。
今月で1年目の研修期間が終わるため症例発表がまります。
症例発表は例年患者様との介入の流れやそこで学んだことや反省、今後への活かし方について話します。以下患者様の具体的な疾患などは伏せています
急性期からの療養病棟で、車椅子Lv、上肢機能はほぼ保たれています。リハは車椅子自走、歩行訓練等メインでした。

先輩から「退院後自宅でできることを探してみては?」とアドバイスいただいていたのに、何度も本人に断られて結局本人がやりたい且つ可能な事を見つけられませんでした。退院直前に先輩がお話の中でそれを見つけていたことを知りました。
私が行き詰まった時に相談していればもっと早く見つけられたと思います。(実際、この話を相談した時に「もっと相談してほしかった」と言われました)元々相談が苦手でもっと自分で考えなければと思ったり、遠慮してしまいます。

また、自分は患者様のゴールをぼんやりとしか決められておらず、患者様自身でなく疾患を見てしまっていたと思います。
これらの自分の未熟さによる反省を症例発表に織り交ぜるのはあまり良くないのでしょうか?
あまりにも初歩的な失敗すぎて他の先輩の発表と比べるとこれで良いのかなと不安になります。

他の先輩方からは「もっと簡単な人選べばよかったのに」と言われました。
もう1年目も終わりますし遅いのかもしれませんが、自分はこの失敗と今ちゃんと向き合わないと成長できないと思います。これを機に遠慮しがちな態度も改めたいと思っています。長文失礼致します。

回答0

回答する

回答するにはログインが必要です。
ログインはこちら