中枢神経疾患者の感覚障害の評価と治療~実際の症例から学ぶ~ 講師:福富利之先生

基礎から分かりやすく学んでいただきます。適切に評価し、感覚障害に対して介入できるようになってください。

  • Line
  • Hatena
中枢神経疾患者の感覚障害の評価と治療~実際の症例から学ぶ~ 講師:福富利之先生

開催情報

主催
一般社団法人セラピストフォーライフ(主催者の詳細情報を見る)
日時
2022年12月25日

14:00~17:00(受付13:30~)
定員
100人

受講料
5000円/1人

メルマガ会員:5,000円
※メルマガはHPから登録して頂けます

会場

自宅受講

住所
自宅受講

申込方法

申し込みは以下のURLより行って頂けます
https://therafor.com/seminar/119/

ホームページ

https://therafor.com/

こんなことを教えます

【感覚障害への対応方法を教えてくれる人がいない、本でも詳細な解説がない、と感じていませんか?】

感覚障害がある方にリハビリテーションを実施することは大変難しいですよね。

なかなか効果を感じられないと、悩んでおられるのではないでしょうか?

感覚障害については、ほとんど本やセミナーでは解説されていないのが、誰もが悩む最大の理由だと思います。

だから現場の人が手探りでやっていくしかない、というのが現状だと思います。

そのため、少しでも皆様の力になれることがあればと思い企画しました。

・どの感覚が障害され、どの感覚が残っているのかを、正確に評価するにはどうすれば良いのか?
・感覚障害の代償機能についてどう考えれば良いのか?
・どんな訓練をすれば良い良いのか?

などを丁寧に解説していきますので、ぜひとも臨床で活かしてくださると嬉しいです。

​講義内容予定)
・感覚障害に対応するために必要な知識
・感覚障害が問題になる症例に対する評価と治療の考え方
・症例動画で学ぶ評価と治療の実際
・基本動作や日常生活の改善に必要なこととは
・理想と現実の違いから留意したいこと

当日の流れ

講師:福富 利之先生(脳と身体のリハビリテーション ふくりは 代表 理学療法士)

2000年 東京衛生学園専門学校リハビリテーション学科 卒業
2014年 筑波大学大学院人間総合科学研究科フロンティア医科学専攻 修士課程修了

【取得資格】
2000年5月  理学療法士免許 取得
2010年10月 専門理学療法士(神経系) 取得
2014年3月  ヒューマンケア・サイエンス修士 取得

【職歴】
2000年 4月 山梨リハビリテーション病院 入職
2010年 4月 リハビリテーション花の舎病院 入職
2020年11月 ふくりは 開設

【主な論文】
○山梨県理学療法士会学術集会 2002年「スタティックアライメントとスポーツ障害との関係」
○第2回日本理学療法士協会神経系理学療法研究部会学術集会 2006年「移乗動作の獲得に向けて~橋出血により自発性の乏しい一症例を通して~」
など多数

【主な著書】
◎動きづくりに必要な感覚情報の理解 ―運動制御と姿勢制御を考える―アスレティック・リハビリテーション スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会, 2013
◎重度障害者への活動分析アプローチ(上)重複障害 変形性関節症:青海社,2013(共著)
◎理学療法基礎講座 高齢者に対する運動療法Ⅶ 中枢神経疾患に対する理学療法:理療,2016
◎高齢者のバランス障害への理学療法 PTジャーナル 医学書院,2018
◎私のターニングポイント・第23回 人との出会いとつながりを大切に PTジャーナル 医学書院,2021 
など多数

こんな方を対象としてます

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 など

受講料について

5000円/1人

メルマガ会員:5,000円
※メルマガはHPから登録して頂けます

受講する際は以下をお読み下さい

(持ち物と服装について)
WEB環境
筆記用具

申込方法

申し込みは以下のURLより行って頂けます
https://therafor.com/seminar/119/

ホームページ

https://therafor.com/

  • Line
  • Hatena
中枢神経疾患者の感覚障害の評価と治療~実際の症例から学ぶ~ 講師:福富利之先生

おすすめのセミナー