【終了しました】心不全に対する運動療法とリスク管理~身体所見の評価、リスク管理のポイントを把握しよう~ 講師:松尾善美先生/西村真人先生

※復習動画あり【徹底的なエビデンスをもとに、根拠のある評価と治療ができるようになっていただきます】

  • Line
  • Hatena
心不全に対する運動療法とリスク管理~身体所見の評価、リスク管理のポイントを把握しよう~ 講師:松尾善美先生/西村真人先生

開催情報

主催
一般社団法人セラピストフォーライフ(主催者の詳細情報を見る)
日時
2023年04月23日

9時~12時(受付8:30)
定員
100人

受講料
5000円/1人

メルマガ会員:5,000円 再受講:2,500円
※メルマガはHPから登録して頂けます

会場

自宅受講

住所
自宅受講

申込方法

申し込みは以下のURLより行って頂けます
https://therafor.com/seminar/97/

ホームページ

https://therafor.com/

こんなことを教えます

【全3回】
◇2023年2月23日:虚血性心疾患・心不全の病態とその医学的管理~循環システムと代償、疾患の理解と医学的管理を中心に~
◇2023年3月18日:心不全に合併するフレイル・サルコペニアとその評価~疾患の理解と評価、検査・画像所見の読み方を中心に~
◇2023年4月23日:心不全に対する運動療法とリスク管理~身体所見の評価、リスク管理のポイントを把握しよう~

--------

【やった方がいいことより、やってはいけないことを知っておこう】

心臓リハビリテーションの患者を担当するセラピストには、常に大きな責任とリスクが伴います。

日本人の死因の第二位を占める心疾患ですが、心疾患のリスクに配慮し、適切に対応できるセラピストは、今後ますます求められていくでしょう。

高齢者の心不全の特徴の一つは、フレイル・サルコペニアとの関連が指摘されている点です。

心不全になると、息苦しさなどからあまり動かなくなり、筋力低下が起こり、サルコペニアの状態になります。

また、もともとフレイルで栄養状態が悪い人が心不全を起こすと、治療はますます困難となり、症状を改善させることが難しくなります。

さらにフレイルでは腎機能が低下し、心臓への負担が増大するため、むくみの原因になります。

このように、心不全とフレイル・サルコペニアは互いに悪影響を及ぼしあうため、心不全が軽症なうちから適切な対処をすることが重要です。

前回に開催した心不全の講義が分かりやすいと好評で、もっと深く理解する機会が欲しいとの声があったため、より深く理解していただけるよう3回講義としました。

心不全の評価と運動療法の全体像を理解し、リスク管理ができるようになっていただけるものと思います。

これを機に、リスクマネージメントの理解を深め、心不全のリハビリテーションを安心して行えるようになってください。

--------

【講義内容】

◇2023年2月23日:虚血性心疾患・心不全の病態とその医学的管理~循環システムと代償、疾患の理解と医学的管理を中心に~
循環システムとそのシステムが破綻した時の代償について初心者の方にもわかりやすくお話しします。

1) 循環機能の基本
・心機能の解剖生理
・循環の調節機能
・代償起点
・運動耐容能
・運動と心拍出量
・前負荷と後負荷
・前負荷と心不全
・心室リモデリング
・心筋梗塞、大動脈弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症
・慢性的な虚血による血管の反応
・心血管系の老化
・刺激伝導系と心電図

2) 虚血性心疾患・心不全の病態とその医学的管理
虚血性心疾患・心不全の病態についての基本的な理解とそれらに対する医学的管理について解説します。

・急性冠症候群(ACS)
・心筋梗塞の経時的心電図変化
・Killipの分類
・高齢心不全患者の特徴
・心不全に罹患し急性増悪するまで
・急性心不全と慢性心不全
・収縮不全と拡張不全
・フランク・スターリングの法則
・心拍出量を増加させるメカニズム
・LVEFによる心不全分類
・左心不全と右心不全の特徴
・Forrester分類と治療方針
・心ポンプ機能低下時の代償機構
・急性心不全の初期対応から病態に応じた治療基本指針
・代表的薬剤の用法・用量,および副作用・注意点
・各ステージの治療目標
・心不全の病態と臓器合併症

◇2023年3月18日:心不全に合併するフレイル・サルコペニアとその評価~疾患の理解と評価、検査・画像所見の読み方を中心に~

1)総論(心不全、フレイル、サルコペニアについて)
・高齢心不全患者の特徴
・フレイルとサルコペニア
・フレイリティ・サイクル
・慢性心不全におけるミオパチー:エネルギー喪失の役割
・高齢者の虚弱化をもたらす要因とその影響
・必要エネルギー量の決定
・心不全予後関連因子と治療ターゲット
・サルコペニアに対する介入の考え方
・筋力に対する年齢とレジスタンストレーニングの影響
・膝屈筋のピークトルク値による心不全患者の生存
・活動レベルに応じた大腿四頭筋力の目標値

2)フレイルとサルコペニアの評価
・体的フレイル ・フレイルのスケール(各種)
・基本チェックリスト
・サルコペニアの診断基準
・体的フレイルとサルコペニアの共通点

◇2023年4月23日:心不全に対する運動療法とリスク管理~身体所見の評価、リスク管理のポイントを把握しよう~

1)身体所見の方法
・うっ血の自覚症状
・低拍出量の自覚症状
・尖拍動の位置
・外頚静脈怒張
・中静脈圧の推定法
・内頚静脈拍動の3つの特徴
・腹頚静脈試験
・浮腫について( 浮腫のグレード)
・チアノーゼの有無
・血圧検査
・脈について

2)心不全に対する運動療法とリスク管理
〇運動療法
・心不全、低ADL例のリハビリの流れ
・RM法
・レジスタンストレーニングの禁忌
・慢性心不全のレジスタンストレーニングプログラム
・有酸素運動のやり方
・運動強度をどうするか
・判断基準(息切れ、疲労感など指標を紹介)
・低運動耐容能の患者のリハビリの流れ
・禁忌
・運動負荷の中止基準
・負荷強度を下がる基準と症状

〇リスク管理
・普段から注意しておくべき評価項目
・問診で聞くこと
・理学所見(頚静脈圧、浮腫、息切れ、血圧、脈など)
・経過の把握
・前兆を捉える

〇症例検討
心房細動ではどの程度までの心拍数まで許容できる?

当日の流れ

講師:松尾善美先⽣
武庫川女子大学健康・スポーツ科学部健康・スポーツ科学科教授、
NPO法人心臓リハビリテーション学会編集委員会Associated editor

学歴)
1984年 国立療養所近畿中央病院附属リハビリテーション学院 理学療法学科卒業
2004年 神戸大学大学院医学系研究科保健学専攻 博士後期課程修了、博士(保健学)取得

職歴)
1984-1987年 八尾徳洲会病院、岸和田徳洲会病院 理学療法士
1987-1990 国立療養所刀根山病院 厚生技官
1990-1995 国立療養所近畿中央病院附属リハビリテーション学院 厚生教官
1993 厚生省資金にて米国マサチューセッツ総合病院での臨床研修ならびに同附属大学院に特別在籍
1995-2005 大阪大学医学部附属病院 文部科学技官、 1996-2005 技師主任
2005-2011 神戸学院大学総合リハビリテーション学部医療リハビリテーション学科 准教授
2011-現在 武庫川女子大学健康・スポーツ科学部健康・スポーツ科学科 教授
2019- 武庫川女子大学健康運動科学研究所 所長

----------

講師:西村真人先⽣
理学療法士/内部障害専門、心臓リハビリテーション上級指導士、心不全療養指導士

学歴)
平成3年 国立療養所近畿中央病院附属リハビリテーション学院卒業
平成23年 神戸学院大学大学院 総合リハビリテーション学研究科修士課程修了

職歴)
平成3年~平成26年 岸和田徳洲会病院 リハビリテーション科
平成26年~平成30 年大阪労災病院 中央リハビリテーション部
平成30年〜令和3年 山口労災病院 中央リハビリテーション部
令和3年~ 中国労災病院 中央リハビリテーション部

講師著書・DVD等)
高齢心不全患者に対する理学療法

※その他多数

こんな方を対象としてます

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 など

受講料について

5000円/1人

メルマガ会員:5,000円 再受講:2,500円
※メルマガはHPから登録して頂けます

受講する際は以下をお読み下さい

(持ち物と服装について)
WEB環境
筆記用具

申込方法

申し込みは以下のURLより行って頂けます
https://therafor.com/seminar/97/

ホームページ

https://therafor.com/

  • Line
  • Hatena
心不全に対する運動療法とリスク管理~身体所見の評価、リスク管理のポイントを把握しよう~ 講師:松尾善美先生/西村真人先生

おすすめのセミナー