インタビュー

作業療法士になるにはどうすればいい?国家試験、合格率、就職の話、Q&A

作業療法士になるにはどうすればいい?国家試験、合格率、就職の話、Q&A

より自立した生活に必要な台所仕事や裁縫、デスクワークなどの動きのリハビリを行い、社会復帰を促すことが作業療法士の仕事です。その適応は非常に幅広く、精神科分野にも深く関わります。作業療法士は患者さんの社会復帰のための具体的なプログラムを組み立てていくのですが、その思考はとてもユニークで、様々な道具を使ったアクティビティをリハビリに取り入れます。たくさんの遊びを考えるプロトも呼べます。
作業療法士
2017.02.09
作業療法士
理学療法士になるにはどうすればいい?国家試験、合格率、就職の話、Q&A

理学療法士になるにはどうすればいい?国家試験、合格率、就職の話、Q&A

スポーツや不慮の事故によるケガ、脳障害、難病などによって身体マヒになった患者さんが元の生活に戻れるよう、サポートを務める仕事です。立つ、座る、寝るといった生活をするためのスタンダードな動き(基本動作)を中心にリハビリを行います。後遺症が残ってしまった患者さんでも、残された能力を使い、社会にどう復帰できるかをサポートします。最近では、プロ野球やJリーグ、オリンピックへの帯同をする理学療法士も増えてきました。
理学療法士
2017.02.08
理学療法士
ヤンダアプローチ、DNSアプローチを日本へ伝える-小倉秀子先生-第二回
第211回

ヤンダアプローチ、DNSアプローチを日本へ伝える-小倉秀子先生-第二回

チェコの歴史に触れ、その辛く険しい道のりを乗り越え生まれたヤンダアプローチ、DNSアプローチ。シンプルかつ、深い医学知識と観察力に研ぎ澄まされた臨床的視点を含んだこのアプローチは、日本の療法士にとって、一生の武器になるアプローチであることは間違い無いだろう。
小倉秀子先生
2016.12.21
理学療法士