【イラストで理解】5分で理解するPMS・月経困難症

  • Line
  • Hatena
3770 posts

前回の記事では生理のメカニズムを図解で分かりやすく説明しました。

>>前回の記事【5分で理解する生理のこと-メカニズム編-】>>

今回は生理の悩みで頻繁に聞くPMSと月経困難症にフォーカスをあてて解説していきます。

時期による生理痛の違い

一概に生理痛といっても、生理の前で起きるか、それとも生理後で起きるかで、痛みの原因や症状が大きく変わります。

中でも日常生活に支障が出るほど症状が強いものは以下のような名前がつけられています。

  【生理時期によって異なる症状名】  
生理に起きる症状→月経前症候群(PMS)
生理に起きる症状→月経困難症
 


それでは最初に、生理前に出現する月経前症候群(以下PMS)の解説をしますね。
 

むくみ・精神症状がメインの月経前症候群(PMS)


図のように生理(月経)の3〜10日前に症状が出現し、生理開始とともに症状が減退・消失するのが大きな特徴です。
乳房痛、精神症状(イライラ、抑うつなど)、四肢・顔面のむくみが主な症状です。
他にも眠気、頭痛、肌のトラブル、倦怠感など人によって様々な症状が出現します。

PMSの原因は何なのでしょうか?

PMSは黄体期に多く分泌されるプロゲステロンのバランスの崩れが原因といわれています。
前回の記事でも解説したプロゲステロンの働きを覚えていますか?

 【プロゲステロン】 

女性ホルモンの一種で黄体ホルモンとも呼ばれる。
基礎体温を上昇させ、妊娠の維持、乳腺の形成など、妊娠に欠かすことのできないホルモン。
黄体期において、子宮内膜を受精卵の着床に適した状態にします。
言い換えるなら、子宮内膜という『ベッド』にフカフカの布団をしいてくれる。

 

実はプロゲステロンは他にも乳房発達や体内の水分を引き出す作用があります。
プロゲステロンはバランスを崩しやすいホルモンなので、バランスが崩れると上記の作用が強く出過ぎてしまいます。
ホルモンバランスの崩れが原因の一種なので、生活習慣や食生活の改善で症状を軽減させられる可能性があると言われています。

\あなたはどっちに行く?/

下腹部痛がメインの月経困難症

生理直後に症状を呈する「月経困難症」は生理痛のなかでも日常生活に支障をきたし、治療の対象となるものをいいます。
月経困難症は、大きく2つのタイプに分かれます。

"機能性"月経困難症は原因となる病気が存在せず、体質や心理的要因が原因で起こるものとされています。
一般に、思春期~20代前半に多いと言われています。

"器質性"月経困難症は子宮や卵巣に何らかの病気が隠れているものです。
原因となる病気には子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫などが挙げられます。

30歳以降から多くなり、症状は生理初日~3日目ごろを過ぎても続くこともあります。

機能性月経困難症の原因は?

機能性月経困難症の痛みの原因は子宮の過剰収縮と、それに伴う子宮血流量の減少によるとされています。
この時、大きく関わってくるのが『プロスタグランジン』です。
 

 【プロスタグランジン】 

痛みおよび炎症の原因物質として知られるホルモン。

過剰分泌されることで患部の痛覚が脳に伝達され、痛みを感じるとされる。

月経期において子宮を収縮させ、不要になった粘膜を血液とともに体外にスムーズに押し出す働きがある。


月経困難症をきたす女性は、プロスタグランジンが過剰に分泌されていることがわかっています。
過剰分泌により血管の攣縮や子宮筋の虚血を引き起こすため、下腹部痛や冷えなどの症状が出ると言われています。

女性の半数以上が生理に悩んでいる!?

今回、解説したPMSと月経困難症は日常生活に支障をきたすほど症状が重い場合に診断されます。
しかし、軽度なものも含めれば50~80%の女性が生理に何かしらの不調を持っていると言われています。
多くの女性が悩んでいる生理を深く知ることは、臨床面においてはもちろん、
社会生活においてとても役に立っていくと思います。

次回はこれらの生理に対する対処法について解説してきますね。

グラフィック:西嶋 大樹(株式会社エバーウォーク)

 

女性の身体をもっと効率よく学びたいあなたにオススメ

【福岡開催】2018年9月9日 ウーマンズヘルスケアフォーラム2018

セミナーのアイキャッチ

《概要》

日時:2018年9月9日(日) 9:00~17:00

年々、需要が増しているウーマンズヘルスケア。
過去数回に渡って行っているこのフォーラムも、お陰様で年々参加者が増えていき、その関心の高さが伺えます。
我々セラピストもこの流れに合わせて最新の情報や技術を獲得していく必要に迫られています。
今年は講師陣の数も増え、昨年よりも更に充実した内容となっております。
今回は理学療法に加え、ヨガセラピストや医師の方にも講演していただきます。
様々な領域の女性医学を学べる数少ないチャンスです。
前回参加された方も、更に満足できる内容となっていますので、ぜひ、ご参加ください!

『あの蒲田和芳先生の実技を受講できる!』

大会では通常の座学に加えて、リアラインコンセプトやISR(組織間リリース®)で有名な広島国際大学の蒲田先生による実技講座を別に受講することできます。
実技講演に参加したい方は本大会参加申し込みに加えて実技チケットを申し込むことで、別部屋で実施される特別セミナーを受講することができます。
実技を受けることによって、更に学習度を高めることができ、現場に活かしやすくなります。
定員に限りがあるので、申込みはお早めに!

●実技講義1【デバイスと運動療法による産後の仙腸関節障害のマネジメント】
●実技講義2【徒手療法と運動療法による産後の仙腸関節障害に関わる骨盤マルアライメントの治療】

【大会概要】
【日時】2018年9月9日(日) 9:00〜17:00(予定)
【会場】リファレンス駅東ビル(3 階 H-2 会議室) 
※JR博多駅 筑紫口より徒歩4分
※福岡市営地下鉄博多駅 筑紫口改札口より徒歩4分
【対象】療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
【参加料金】15,800円(税込み)※実技プランは別途料金が発生します。
【定員】204名

講師一覧

蒲田 和芳先生(広島国際大学教授、株式会社GLAB代表取締役)
漆川 沙弥香先生(Women’s Holistic Health Company代表)
仁平 美香先生(月経血コントロールヨガインストラクター)
愛下由香里先生(霧島市立医師会医療センター、Professional Education Team Lionk)
古賀 ひとみ先生(助産師、Lactea~ラクテア)
今村裕子先生(熊本大学医学部附属病院産婦人科医師)

 

参考文献

病気がみえる 〈vol.9〉 婦人科・乳腺外科 (編)医療情報科学研究所

 

 過去のウーマンズヘルスケアシリーズ 

【イラストで理解】5分で理解する生理痛のこと-痛み編-

【イラストで理解】5分で理解するPMS・月経困難症

【インフォグラフィックで理解する】骨盤の解剖学 - 梨状筋・内閉鎖筋 

【女性医学に必須】ウーマンズヘルスケアに重要な骨盤底筋群を図で理解しよう。

  • Line
  • Hatena
【イラストで理解】5分で理解するPMS・月経困難症
line@
43177
280841.line

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01