なぜ、日本ではなくオーストラリアへ? 理学療法士(PT)大学院進学の動機   -連載第1弾-

1186 views
無料会員登録をする

結果が伴わない症例を経験した  

私は現在、西オーストラリア州にあるカーティン大学の筋骨格系専門修士に通っています。2013年に同大学理学療法学科を卒業し、こちらで理学療法士の資格を取得しました。同年、西オーストラリア州のロッキンハムという所にある Grange Physiotherapyに就職し現在も 大学院に通う傍パートタイムで働かせて頂いている状況です。

  私が勤めているクリニックは主に筋骨格系疾患を有する患者さんがいらっしゃるのですが、大学院進学を決める前に感じていたことは、自分の持っている知識・技術では痛みや機能改善が望んでいる程認められない症例を経験することが少なからずあるということでした。写真は江戸さんが勤務しているクリニック。
 

クリニカルリーズニング(臨床推論)に沿って授業が進められている

 

学部では、オーストラリアでダイレクトアクセス(患者さんが自分の選択で理学療法士を医師の診断を介さずに受診することができること)が認められていることもあり、多くの時間がクリニカルリーズニング(臨床推論)に沿って授業が進められていきます。ここではクリニカルリーズニングの詳細については割愛させいただきますが、簡単に説明すると、主観的評価(問診)によっていくつか予測される診断名を出し、客観的評価(理学療法・身体的評価)によってそれらの予測される疾患を否定・確認し、それに沿って治療や再評価を行っていく一連の思考過程のことを言います。

 

  私が難しいなと感じている所は、特に慢性的な痛みを訴えられている方の治療・マネジメントに関しては、学部でも一通り習うにしろ、では実際にどういったことを行っていけばいいのかというところが自分でも欠けているなと感じていました。そのため、身体的な評価・治療のみでは回復が認められず、患者さんに対して自分の力不足を痛感すると同時に大変申し訳ないと思う日々を送っていました。写真は江戸さんが勤務しているクリニックだが、個別の診察室がPTには与えられている。

 

様々なことが学べることも魅力

そういった経緯もあり、大学院にて今の自分では未だに対応が最善でない分野(慢性痛のマネジメント)を学ぶため、またより深い部分での徒手的な治療や評価方法とその場にふさわしい適応、さらに今では医療職種の間で当然の知識として浸透しているEBP(Evidence Based Physiotherapy)の実際の応用などを学ぶために大学院進学を決めました。次回は実際にどういったことが大学院のカリキュラムで取り入れられているのかを紹介していきたいと思います。

 

江戸英明先生経歴

経歴

2006年3月 帝京平成大学専門学校卒業

2006年4月 帝京平成大学医学部附属溝口病院入職

2008年12月 帝京平成大学医学部附属溝口病院退職

2009年2月 渡豪

2011年 Curtin university 理学療法科入学

2013年 Curtin university 理学療法科卒業

同年〜 Grange Physiotherapy 入職

2015年 Curtin university Master of Clinical Physiotherapy (Manipulative Major)入学

無料会員登録をする

Bnr 01

Prs

Interviews