PTOTSTのニュースレター

作業療法士(OT)伊藤嘉希先生−リハビリネクストFCグループ株式会社 取締役−

  • Line
  • Hatena
1410 posts

作業療法士を目指したきっかけ

 理学療法士、作業療法士という存在を知ったのは、高校時代に当時介護職をしていた母からの紹介と祖父が脳梗塞で入院しリハビリを受けていたことがきっかけです。高校生時代の私は単純に人の役に立つ仕事がしたいという気持ちがありました。また、医療職の中では歴史も浅くまだまだ発展し続けていくことも必然でしたので、やりがいを感じながら続けられる仕事だと考え、作業療法士になることを決意しました。作業療法士を選んだ理由ですが、恥ずかしながら当時私は勉強が苦手でしたので大学の倍率が低かった作業療法学科を選びました(笑)。

ですから入学当時は理学療法士、作業療法士の違いもよくわかっていませんでしたが、今となっては自分が作業療法士であることに誇りを持っていますし、本当に良かったと思っています。

現在の仕事

訪問看護ステーションでは訪問リハビリを行なっています。利用者様のお宅に直接訪問し、運動機能や能力、自宅環境などに合わせてリハビリを行います。1人の利用者様に週1~2回、40~60分の治療をお行います。もちろん他職種との情報交換やご家族への指導、他職種への勉強会なども行っています。ASRINでは1、2ヶ月に1回程度で週末に勉強会を開催し運営しています。

キャリアアップとは? そのために”今”行っていること

セラピストとしての知識・技術の向上、認定資格や他分野の資格を取ることもキャリアアップと言えるでしょう。それと社会人として常識のある振る舞いができること。これをキャリアアップというのは間違いかもしれませんが、当たり前のことをできない人は非常に多いです。患者さん、ご家族、スタッフ、外部の方と仕事をしていればたくさんの方と関わります。どんなに優れた知識や技術があっても社会性のない人はキャリアアップしているとは言えないでしょう。普通に仕事をしていれば身につく接遇やマナーですが、キャリアアップをしたいと考えるなら意識的に社会人としてのマナーは身につけるべきだと思います。

そして、自分のやりたいことを明確にすることが必要です。やりたいことが何なのかによってキャリアアップの内容は異なります。私の場合は起業し成功すること、そのために必要なものは全てキャリアアップだと考えます。もちろん「起業」=「成功」ではないですし「起業」=「キャリアアップ」ではありませんので自分の最終目標を定め、そのための手段として「起業」が必要であればそれをやる。それだけのことです。もちろん社会的に有名になる、経済的に豊かになるといったことも当然必要になってきます。要は「自分のやりたいことを実行できる実力をつけること」これがキャリアアップの基本だと考えています。ですから、必要のない資格を取ることや知識を深めることはキャリアアップとは言えないと思っています。現在は起業するための勉強と事業計画の整理、書類等の準備に時間を使っています。

私が今大切にしていることは人に会うことです。自分のやりたいことは既に実現している人もいますし、自分にはない情報を持っている方もたくさんいますので、そういった方とお会いして話ができる時間は大切にしています。

リハビリ職を目指す学生の皆さんへ

リハビリという仕事は本当にやりがいのある仕事です。人と関わる仕事ですので臨床は非常に楽しいと思います。一方で患者さんからは「先生」と呼ばれることが多いです。理学療法士、作業療法士になるからにはその自覚を持たなければいけません。国家試験に合格することがゴールではなく、そのあとの方が学ぶことが多いということは覚えておいてください。
国家試験の勉強は大変だと思います。私は学生時代勉強が嫌いでしたので試験勉強にはなかなか身が入りませんでした。1月までは過去問を解くことくらいしかしていませんでした。年明けから試験対策用の参考書を見て勉強するようにしましたが、同時に遊んでもいました。効率よく勉強をするためには適度に息抜きも必要です。自分にあった勉強スタイルを見つけると効率よく勉強できます。
就職はやりたいことが決まっていなければ最初は総合病院がお勧めです。自分の目で現場を見てやりたいことを決めるのが一番かと思います。就職後最初は勉強して下さい。臨床で結果を出すためには学校や試験勉強では教えてもらえない知識や技術が必要になります。それと社会人になった自覚を持って行動して下さい。繰り返しになりますが、新人でも「先生」と呼ばれます。患者さんはベテランのリハビリと同じだけのお金をあなたの治療に払います。その意味を考えて行動できるようにしましょう。
そしてここからが一番大切です。プライベートを大切にしてください。自分の生活が健康的でなければ患者さんの生活を支えることなどできません。遊びにも力を入れてください。真面目なだけではいいセラピストにはなれません。人と関わるということはそういうことだと思います。人として成長できるように頑張りましょう。最後にリハビリテーションという仕事は本当に素敵な職業です。私もまだまだ頑張ります。現場で皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。気になることがあれば気軽にご連絡ください。

伊藤嘉希先生の経歴

職種:作業療法士

経験:6年目

所属:リハビリネクストFCグループ株式会社 取締役

   一般社団法人 ASRIN 副代表理事

  • Line
  • Hatena
作業療法士(OT)伊藤嘉希先生−リハビリネクストFCグループ株式会社 取締役−
Ptotst
Orange and white funny dating animated presentation  1

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01